メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Unified Manager 5.x によるホストの停止の判定方法

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager-core-package
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 5.x

回答

OnCommand Unified Manager ( DFM )では、 5 つの方法で識別できます ホストが停止しているかどうか

  1. echo
  2. HTTP
  3. SNMP
  4. NDMP
  5. ECHO_SNMP (デフォルト)

ホストダウンモニタの実行のデフォルト動作は、 ICMP エコーと snmpwalk を組み合わせた ping です。OnCommand Unified Manager ( DFM )は、次の出力に示すように、各メソッドを事前に設定された回数だけ再試行します。
 

pingMonInterval 00:01:00
hostPingMethod ECHO_SNMP
pingMonTimeout 3
mondryDelay 3
monSNMPTimeout 60
monSNMPRetries 4

OnCommand Unified Manager ( DFM )では、このチェックがデフォルトで 1 分ごとに実行されます。タイムアウト値と再試行値の単位は秒です。これらの値を増やすと、 OnCommand Unified Manager ( DFM )でホストが停止していると想定されるまでの時間が長くなります。コントローラのステータスは、 pingmon.log に「 unknown 」、「 up 」、または「 down 」のいずれかで記録されます。ステータスの変更は、「 Up 」から「 Down 」、「 Down 」から「 Up 」、「 unknown 」から「 Up 」などに記録されます。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?