メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified Manager の増分バックアップの仕組み

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 7.3P1 ( UM )
  • OnCommand Unified Manager 9.4 ( UM )
  • OnCommand Unified Manager 9.5 ( UM ) 
  • Active IQ Unified Manager 9.6 ( AIQUM )
  • VMware 仮想マシン OVA
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Red Hat 6.x
  • Red Hat 7.x
  • CentOS 7.x

回答

概要

OnCommand Unified Manager 7.3P1 で導入されたバックアップは、フルバックアップではなく、初回のフルバックアップと増分バックアップです。Unified Manager 7.3 Documentation Center で説明したように、バックアップは、バックアップディレクトリ内の単一のファイルと、データベースリポジトリディレクトリ内の 1 つ以上のファイルで構成されます。バックアップディレクトリ内のファイルは、バックアップの再作成に必要なデータベースリポジトリディレクトリ内のファイルへのポインタのみを含んでいるため、非常に小さくなります。

バックアップを初めて生成すると、バックアップディレクトリに 1 つのファイルが作成され、データベースリポジトリディレクトリにフルバックアップファイルが作成されます。次回バックアップを生成すると、バックアップディレクトリに 1 つのファイルが作成され、フルバックアップファイルとの違いを含む増分バックアップファイルがデータベースリポジトリディレクトリに作成されます。このプロセスは、次の図に示すように、最大保持設定までの追加バックアップを作成すると継続します。 

1087351_1.gif

デフォルトのバックアップおよびリポジトリディレクトリ
  • Microsoft Windows Server
    • バックアップディレクトリ = : \ProgramData\NetApp\OnCommandAppData\OCUM \Backup
    • データベースリポジトリ = : \ProgramData\NetApp\OnCommandAppData\OCUM \Backup\Database_Dump_Repo
  • Red Hat Enterprise Linux
    • バックアップディレクトリ = /opt/NetApp/data/ocum-backup
    • データベースリポジトリ = /opt/NetApp/data/ocum-backup/database-dumps -repo
  • VMware Open Virtual Application ( OVA )
    • バックアップディレクトリ = /data/ocum-backup
    • データベースリポジトリ = /data/ocum-backup/database-dumps -repo
ロジックの実地検証

次に、 OnCommand Unified Manager 9.4 OVA サーバの例を示します。各バックアップを順番に確認します。ここには、 /data/ocum-backup と /data/ocum-backup/ddatabase-dumps -repoという 2 つの異なるディレクトリがあります

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# ls -lh root@OnCommand:/data/ocum-backup/database-dumps-repo# ls -lh total 424K total 695M -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 14:47 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-14-33.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 694M Mar 21 14:47 ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 15K Mar 21 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 25 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 1.4M Mar 25 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql.7z drwxrwxrwx 2 jboss shadow 4.0K Mar 26 13:30 database-dumps-rep

以下に、 3 月 21 日の 14 時 47 分に作成された最初のバックアップを示します。右側には、実行された対応するフルバックアップが表示されます。最初のバックアップのサイズに注目してください。この最初のバックアップはフルバックアップであるため、サイズが大きくなることが予想されます。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# ls -lh root@OnCommand:/data/ocum-backup/database-dumps-repo# ls -lh total 424K total 695M -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 14:47 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-14-33.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 694M Mar 21 14:47 ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 15K Mar 21 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 25 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 1.4M Mar 25 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql.7z drwxrwxrwx 2 jboss shadow 4.0K Mar 26 13:30 database-dumps-rep

次に示すのは、 3 月 21 日の 15 時 4 分に作成された 2 番目のバックアップです。右側では、フルバックアップではなく、この時点で増分バックアップが実行されています。小さいサイズに注目してください。バックアップをリストアするには、最初のフルバックアップと増分バックアップの両方が必要になるため、左側のバックアップファイルは、右側に強調表示されている両方のファイルを指しています。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# ls -lh root@OnCommand:/data/ocum-backup/database-dumps-repo# ls -lh total 424K total 695M -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 14:47 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-14-33.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 694M Mar 21 14:47 ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 15K Mar 21 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 25 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 1.4M Mar 25 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql.7z drwxrwxrwx 2 jboss shadow 4.0K Mar 26 13:30 database-dumps-rep

ここでも強調しますが、 3 月 25 日の 15:04 に 3 回目のバックアップが数日後に作成されました。以前と同様database-dumps-repoに、ディレクトリ内で強調表示されているすべてのファイルは、左側のバックアップポインタファイルを復元するために必要です。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# ls -lh root@OnCommand:/data/ocum-backup/database-dumps-repo# ls -lh total 424K total 695M -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 14:47 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-14-33.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 694M Mar 21 14:47 ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 15K Mar 21 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 25 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 1.4M Mar 25 15:04 ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql.7z drwxrwxrwx 2 jboss shadow 4.0K Mar 26 13:30 database-dumps-rep

この Unified Manager 9.4 OVA サーバを新しく導入した Unified Manager 9.4 OVA サーバにリストアするために必要なバックアップファイルを収集することを目標としている場合。さらに、最新のバックアップをリストアする必要がある場合は、 Unified Manager があります。多数の増分バックアップが存在する状況では、バックアップをオフボックスに移動する必要がある場合に必要なすべてのファイルが揃っていることを確認することをお勧めします。必要なファイルを確認するには、バックアップディレクトリ「 /data/ocum-backup 」で使用可能なバックアップファイルを確認します。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# ls -lh total 424K -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 14:47 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-14-33.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 21 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-21-2019-15-04.7z -rw-r--r-- 1 jboss shadow 137K Mar 25 15:04 UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z drwxrwxrwx 2 jboss shadow 4.0K Mar 26 13:30 database-dumps-repo 

この例では、バックアップファイル「 UM_9.4P1_BACKUP_UNIX_03-25-2019-15-04.7Z 」を使用します。「 7Z 」を使用して、バックアップファイルに含まれるファイルとディレクトリを一覧表示します。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# 7z l UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z 7-Zip [64] 16.02 : Copyright (c) 1999-2016 Igor Pavlov : 2016-05-21 p7zip Version 16.02 (locale=C,Utf16=off,HugeFiles=on,64 bits,4 CPUs Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v4 @ 2.20GHz (306A0),ASM,AES-NI) Scanning the drive for archives: 1 file, 139790 bytes (137 KiB) Listing archive: UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z -- Path = UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z Type = 7z Physical Size = 139790 Headers Size = 523 Method = LZMA2:384k Solid = + Blocks = 1 Date Time Attr Size Compressed Name ------------------- ----- ------------ ------------ ------------------------ 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 au_conf_cert 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 custom 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 data_dir_ocie 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 database_dumps 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 etc_security 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 jboss_onaro_cert 2019-03-25 15:04:29 D.... 0 0 jboss_onaro_cert/originator 2019-03-21 14:33:03 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql 2019-03-21 15:04:00 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql 2019-03-25 15:04:29 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql 2019-03-25 15:04:29 ....A 178103 139267 au_conf_cert/client.keystore 2019-03-25 15:04:29 ....A 2142 data_dir_ocie/server.keystore 2019-03-25 15:04:29 ....A 83581 etc_security/autosupport.truststore 2019-03-25 15:04:29 ....A 3761 etc_security/saml_sp_metadata.xml 2019-03-25 15:04:29 .R..A 2142 jboss_onaro_cert/server.keystore 2019-03-25 15:04:29 .R..A 2161 jboss_onaro_cert/server.keystore.default 2019-03-25 15:04:29 ....A 175 ocum.conf 2019-03-25 15:04:29 ....A 554 ocum_backup_metadata.properties ------------------- ----- ------------ ------------ ------------------------ 2019-03-25 15:04:29 272619 139267 11 files, 7 folders

注意:「 database_dumps 」ディレクトリと混同しないでください。これは、バックアップアーカイブファイル内のディレクトリにすぎません。「 UM_9.4P1_BACKUP_UNIX_03-25-2019-15-04.7Z 」バックアップファイルを抽出する場合は、上記のディレクトリとファイルの説明を参照してください。この「 database_dumps 」ディレクトリ内のフルバックアップと増分バックアップに関心があるのは、「 um_9.4p1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z 」がリストア時に参照するリポジトリファイルであるためです。

出力を見ると、複数の行に焦点を当てるだけで済みます。出力は以下のとおりですが、実際に必要な内容まで簡略化されています。フルバックアップと増分バックアップを確認します。これらは唯一の関心項目です。

 root@OnCommand:/data/ocum-backup# 7z l UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z Date Time Attr Size Compressed Name ------------------- ----- ------------ ------------ ------------------------ 2019-03-21 14:33:03 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql 2019-03-21 15:04:00 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql 2019-03-25 15:04:29 ....A 0 0 database_dumps/ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql ------------------- ----- ------------ ------------ ------------------------ 

注意:この場合、出力には 1 つの OCUM_mysql_full_backup_xxxxxxxxxx:SQL ファイルのみが表示されます。つまり、バックアップポインタファイルはフルバックアップの方向にのみ指定され、増分バックアップは指定されていません。この場合は、バックアップポインタファイルとフルバックアップを収集します。

要約すると、バックアップをオフボックスに移動する必要がある場合は、 OnCommand Unified Manager サーバから次のファイルを収集する必要があります。

 /data/ocum-backup/UM_9.4P1_backup_unix_03-25-2019-15-04.7z /data/ocum-backup/database-dumps-repo/ocum_mysql_full_backup_1553196783191.sql /data/ocum-backup/database-dumps-repo/ocum_mysql_incremental_backup_1553198640039.sql /data/ocum-backup/database-dumps-repo/ocum_mysql_incremental_backup_1553544241947.sql