メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NetApp KCS Award

OnCommand Unified Manager のコアファイルシステムレベルのレポートで、ボリュームあたりのアグリゲート統計が変わるのはなぜですか。

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

に適用されます

OnCommand Unified Manager コア

回答

  • Aggregateのベースカタログ Aggregatesと表示タブを使用する場合Aggregate Total Spaceレポート:列に表示される値は実際の値です アグリゲートの合計スペース
  • 同様にAggregate Used Capacity、列には使用されているすべてののの合計が表示されます の値がアグリゲート内で意味されているスペース これらの列は変更されます
  • Volumeただし、ベースカタログを使用する File Systems 場合は、これらの列の値の意味が変わります
  • このビューでAggregate Used Capacityは、列に内のスペースの量が表示されます ボリュームが使用しているアグリゲート
  • Aggregate Used Capacityは、のデータスペースの量が表示されます そのアグリゲートでボリュームが使用されています

追加情報

 

 

Scan to view the article on your device