メインコンテンツまでスキップ

SteelStore の 1 つ以上の不良ハードディスクドライブを交換する方法

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
steelstore
Specialty:
dp
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

SS2030

SS3030

説明

この文書では、 SteelStore 2030 または 3030 アプライアンスで障害のあるハードディスクドライブを交換する手順について説明します。 

  • バックアップとリストアのアクティビティを一時停止し、メンテナンス作業を開始する前にクラウドレプリケーションキューを 0MB (レポート「最適化」レプリケーション)に空にしておくことを推奨します。これにより、バックアップデータが忘れられないように保護されます。
  • 交換用のディスクまたは電源装置が手元に用意されるまで待ってから、故障したディスクまたは電源装置を引き出します。エアーフローが妨げられ、分離されたサーマルホットスポットが発生しないように、交換品をすばやく挿入する必要があります。
  • 3010 などのレガシー xx10 ハードウェアは、障害のあるディスクの交換時に自動的に RAID リビルドを開始します。
  • 交換用ディスクには、トレイ / キャディが取り付けられています。スロットから取り外すために、ディスクのラッチをアンロックするために、 T22 のトルクスドライバが必要になる場合があります。
ディスク FRU のパーツ番号
SS730 ( 2TB ) HDD-008 ( MFG WD2001FYYG )
SS2030 ( 2TB ) HDD-008 ( MFG WD2001FYYG )
SS3030 ( 4TB ) HDD-009 ( MFG WD4001FYYG )
 
データ整合性チェック

RAID アレイの再構築に必要な時間を最小限に抑えるために、データ整合性チェックを一定に停止します(「 Diagnostics 」の「 Constant Data Integrity Check 」をレポートします)。
これは、ディスク I/O をスキャベンジしてローカルディスク上のデータの MD5 チェックサムを実行し、ディスク I/O の RAID 再構築処理を停止できる低優先順位プロセスです。
 
複数のディスクの交換

複数のディスクで障害が発生した場合は、番号の小さいディスクを最初に交換し、再構築を完了してから、次のディスクの交換に進みます。
  • 標準のスロット番号( disk0-diskn )を使用して、最も小さい番号のスロットにある交換するディスクを選択します。
  • 通常どおり、そのディスクを交換します。
  • ディスクのリビルドが完了するまで、他のディスクを交換しないでください。
  • ディスクのリビルドが完了したら、この手順を繰り返します(交換する次のディスクを選択します)。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support