メインコンテンツまでスキップ

Brocade : ISL E ポートの診断を実行する方法

Views:
24
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
metrocluster
Specialty:
metrocluster
Last Updated:

環境

  • MetroCluster
  • ONTAP 9
  • Brocade

概要

この資料では、 ISL E ポートの診断を実行する手順について説明します。
2 つのスイッチ間で基本的な D_Port 診断セッションを設定するには、次の手順を実行します

これらのテストは、トランキングが行われていない場合や、 ISL の長さを確認する場合に実行できます。

注:距離はフレームのラウンドトリップ時間に基づいており、 WDM 機器またはパッチパネルが原因で物理的な距離と異なる場合があります。

MetroCluster 環境では、同一ファブリック内の ISL の物理的な長さの差が 20 m ( ± 20 m )になります。

テストの実行内容は次のとおりです

  • 電気ループバック
  • 光ループバック
  • リンク距離の測定値
  • リンクトラフィックテスト
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support