メインコンテンツまでスキップ

NetApp E シリーズアレイを使用したストレッチ MetroCluster 構成の直接接続をサポート

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
metrocluster
Specialty:
metrocluster
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • MetroCluster
  • ONTAP 9
  • ONTAP 8.3
  • FlexArray

回答

このドキュメントでは、ストレッチ MetroCluster 用の NetApp E シリーズアレイを使用した直接接続構成について説明します。

直接接続がサポートされるのは、ストレッチ MetroCluster 構成の NetApp E シリーズアレイのみです。 clustered Data ONTAP 8.3.1 以降
のすべてのサポート対象アレイでは、 FC スイッチを使用してアレイ LUN を Data ONTAP システムに接続する必要があります。

関連リンク:

  • サポート[1]情報については、『 NetApp Interoperability Matrix 』の V シリーズおよび FlexArray によるストレッチ MetroCluster ソリューションの仮想化を参照してください
  • [2]ストレッチ MetroCluster の設置および構成ガイドストレッチ MetroCluster のインストールおよび構成

 

サポートされる直接接続構成:

  1. NetApp E シリーズアレイ LUN のみで MetroCluster を拡張できます
  2. NetApp E シリーズアレイ LUN と NetApp ネイティブディスクの両方を使用して MetroCluster を拡張し、 NetApp ネイティブディスクを光 SAS ケーブルで接続します。
  3. NetApp E シリーズアレイ LUN と NetApp ネイティブディスクの両方を使用して MetroCluster を拡張し、 FC 経由で SAS ブリッジに接続します。

 

NetApp E シリーズアレイ LUN を使用
したストレッチ MetroCluster ( MCC )の直接接続構成の例: NetApp E シリーズアレイ LUN を使用したストレッチ MetroCluster 構成では、各コントローラの HBA ポートを対応する NetApp E シリーズアレイコントローラのターゲットポートにケーブル接続する必要があります。

  1. 次の図に、 NetApp E シリーズアレイ LUN 接続を使用した 2 ノードストレッチ MetroCluster 直接接続構成を示します。


     
  2. 次の図に、 SAS 光ケーブルを使用してネイティブディスクを Data ONTAP システムに接続する 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成を示します。


    アレイ LUN に接続するコントローラポートについては、図 -1 を参照してください
     
  3. 次の図は、ネイティブディスクが FC-to-SAS ブリッジを介して Data ONTAP システムに接続されている 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成を示しています。



    アレイ LUN に接続されているコントローラポートについては、図 -1 を参照してください

追加情報