メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

ストレージクローニングが失敗しても、カタログ化用に作成されたデータベースクローンはクリーンアップされません

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx
Last Updated:

に適用されます

  • SnapCenter Plug-In for Oracle ( SCO )
  • Oracle ASM

問題

カタログ化に使用するデータベースクローンとアーカイブログクローンを設定すると、データベースまたはアーカイブログファイルシステムの ONTAP クローニングが HTTP ( S )タイムアウトで失敗します。

Critical SAL PID=[12468] TID=[8524] The running command stopped because the preference variable "ErrorActionPreference" or common parameter is set to Stop:
      Connection to <SVM_FQDN> on port 443 for protocol HTTPS timed out.
      at System.Management.Automation.Internal.PipelineProcessor.SynchronousExecuteEnumerate(Object input, Hashtable errorResults, Boolean enumerate)
      at System.Management.Automation.Runspaces.LocalPipeline.InvokeHelper()
      at System.Management.Automation.Runspaces.LocalPipeline.InvokeThreadProc()

Error SAL PID=[12468] TID=[8524] Failed to create volume clone

これにより、クローニングされたボリューム(および含まれている LUN )はマッピング解除されたままになります。これは、カタログ化プロセスに失敗してクリーンアップされないためです。

さらに、障害前に正常に完了した、同じ処理の一環として追加の LUN ベースのデータベースクローンまたはアーカイブログクローンは、バックアップホスト上の既存の ASM ディスクグループとラベルが付いたデバイスにマッピングされたままとなり、次のバックアップでさらにディスク / ASM の競合が発生する可能性があります。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support