メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

ストレージクローニングが失敗しても、カタログ化用に作成されたデータベースクローンはクリーンアップされません

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx
Last Updated:

に適用されます

  • SnapCenter Plug-In for Oracle ( SCO )
  • Oracle ASM

問題

カタログ化に使用するデータベースクローンとアーカイブログクローンを設定すると、データベースまたはアーカイブログファイルシステムの ONTAP クローニングが HTTP ( S )タイムアウトで失敗します。

Critical SAL PID=[12468] TID=[8524] The running command stopped because the preference variable "ErrorActionPreference" or common parameter is set to Stop:
      Connection to <SVM_FQDN> on port 443 for protocol HTTPS timed out.
      at System.Management.Automation.Internal.PipelineProcessor.SynchronousExecuteEnumerate(Object input, Hashtable errorResults, Boolean enumerate)
      at System.Management.Automation.Runspaces.LocalPipeline.InvokeHelper()
      at System.Management.Automation.Runspaces.LocalPipeline.InvokeThreadProc()

Error SAL PID=[12468] TID=[8524] Failed to create volume clone

これにより、クローニングされたボリューム(および含まれている LUN )はマッピング解除されたままになります。これは、カタログ化プロセスに失敗してクリーンアップされないためです。

さらに、障害前に正常に完了した、同じ処理の一環として追加の LUN ベースのデータベースクローンまたはアーカイブログクローンは、バックアップホスト上の既存の ASM ディスクグループとラベルが付いたデバイスにマッピングされたままとなり、次のバックアップでさらにディスク / ASM の競合が発生する可能性があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device