メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

ONTAP 7-Mode で SnapDrive に必要な機能は何ですか。

Views:
32
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapdrive-for-windows
Specialty:
snapx
Last Updated:

に適用されます

  • SnapDrive for Windows(SDW)
  • SnapDrive for Unix(SDU)
  • Data ONTAP 7.x 以前
  • Data ONTAP 8.0 から 8.2.x 7-Mode へ

回答

環境によっては、ストレージコントローラのローカル管理者グループに SnapDrive サービスアカウントを追加できない場合があります。

SnapDrive サービスアカウントに適切な機能を持つストレージコントローラグループを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ストレージコントローラに適切な機能を持つ新しいロール(「ロール」など)を作成します。
    useradmin role add sdrole -a login-http-admin,api-lun-*,api-snapshot-*,api-iscsi-*,api-volume-*,api-snapmirror-*,
    api-snapvault-*,api-ems-*,api-igroup-*,api-qtree-*,api-fcp-adapter-*,api-license-*,api-system-*,api-aggr-*,api-file-*

  2. 新しいローカルストレージコントローラグループ(「 admin 」など)を作成します。 useradmin group add sdadmin
  3. 新しく作成したグループに新しいロールを割り当てます。 useradmin group modify sdadmin -r sdrole
  4. SDW と RPC 使用率:

    • Active Directory ドメイン内に SnapDrive サービスアカウント( SnapDrive など)を作成します。

    • 次に、「 dadmin 」グループに SnapDrive AD ユーザを追加します。 useradmin domainuser add <DOMAIN>\snapdrive -g sdadmin

    • SnapDrive のユーザを Windows ホストのローカル管理者グループに追加します(注: SDU デーモンはすでに root で実行されます)。

    • SnapDrive のサービスで SnapDrive のサービスアカウントを使用するには、 をインストールまたは変更します。

  5. SDU または SDW に http ( s )を使用:

    • ローカル SnapDrive のユーザを ONTAP に追加します。 useradmin user add snapdrive -g sdadmin

  6. SnapDrive のテスト(スナップショットの作成と削除、スナップショットの接続と切断、 LUN の作成と削除、 LUN のサイズ変更など)

サーバ上で他のネットアップアプリケーション( SnapManager for Exchange/SQL など)を実行している場合は、それらのアプリケーションもテストします。