メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

対話型パスワードを使用する、 SMO のクローンを設定する方法 入力は不要です

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmanager-for-oracle
Specialty:
snapx
Last Updated:

に適用されます

SnapManager for Oracle(SMO)

説明

リモートのセカンダリホストへのクローニングワークフローがコマンドラインのバッチジョブで処理される際、 SMO によってデスティネーションホストのパスワードの入力が求められます。  対話型セッションを回避するために、セカンダリホストのパスワードをプライマリホストにキャッシュし、バッチジョブを継続することができます。

 

Scan to view the article on your device