メインコンテンツまでスキップ

SMTape を使用した SnapMirror 関係のシード方法 7-Mode システムの USB / ディスク

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 8.x 7-Mode

説明

  • この KB では、非常に低速なスループットネットワークで SMTAPE を使用して SnapMirror ベースライン転送を作成する手順について説明します。ソースボリュームをイメージファイルにダンプし、 USB スティックを使用してデスティネーションにコピーします。
  • SMTape は、 WAN 経由で送信できないデータをレプリケートするために使用されます。
  • SMTape を使用すると、テープを介した最初の SnapMirror 転送をシードしてから、 WAN を使用して将来の更新に備えて SnapMirror 関係を確立できます。
  • テープドライブを使用できない環境では、 SMTape を使用して、 USB / ディスクを使用してデスティネーションサイトへ SnapMirror 関係をシードできます。
  • この KB では、 USB スティックまたはファイルのコピー方法をメディアとして使用する方法について説明します。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device