メインコンテンツまでスキップ

SMTape を使用した SnapMirror 関係のシード方法 7-Mode システムの USB / ディスク

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 8.x 7-Mode

説明

  • この KB では、非常に低速なスループットネットワークで SMTAPE を使用して SnapMirror ベースライン転送を作成する手順について説明します。ソースボリュームをイメージファイルにダンプし、 USB スティックを使用してデスティネーションにコピーします。
  • SMTape は、 WAN 経由で送信できないデータをレプリケートするために使用されます。
  • SMTape を使用すると、テープを介した最初の SnapMirror 転送をシードしてから、 WAN を使用して将来の更新に備えて SnapMirror 関係を確立できます。
  • テープドライブを使用できない環境では、 SMTape を使用して、 USB / ディスクを使用してデスティネーションサイトへ SnapMirror 関係をシードできます。
  • この KB では、 USB スティックまたはファイルのコピー方法をメディアとして使用する方法について説明します。
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support