メインコンテンツまでスキップ

SVM の再アクティブ化中に SnapMirror 再同期を実行すると、「 Apply failed for object: root_direct_mounts ... failed to create qtree [qtree name] in root volume... file or directory exists 」というメッセージが表示される

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 8.3
  • ONTAP 9.1 以降
  • SVM ディザスタリカバリ( SVM DR )
  • 元のソース SVM の再アクティブ化
  • qtree はデスティネーション SVM のルートボリュームに存在しますが、ソース SVM から作成されていません
  • qtree は ONTAP 8.3 以前で作成されています
 

問題

  • SVM DR の SVM 再アクティブ化フェーズでは、 SnapMirror 再同期が元のソース SVM で実行され、アクティブ化されたデスティネーション SVM から変更がレプリケートされます。
  • SnapMirror の再同期でエラーが発生します。  この例では、 SVM_PROD はを実行snapmirror resyncしている SVM の名前です。

Failed to apply the source Vserver configuration. Reason: Apply failed for Object: root_direct_mounts Method: baseline. Reason: Failed to create qtree "vol" on Vserver "SVM_Prod" in root volume, since a file or directory exists with the same name. Delete the file or directory, and then run "snapmirror resync -destination-path SVM_Prod:"

  • delete the file or directory、元の SVM DR デスティネーションでは「 vol 」という名前の qtree を参照します。再アクティブ化される本番 SVM は参照しません。
  • エラー・メッセージで参照されている qtree が、元のソース SVM のルート・ボリュームに存在しません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support