メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP DSM および Windows Host Utilities のインストールとホットフィックスに関する問題

Views:
29
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-dsm-for-windows-mpio
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP DSM for Windows MPIO 
  • FlexPod 

回答

Data ONTAP DSM および Windows Host Utilities に必要なホットフィックスのインストールに関する問題が報告されているケースがいくつかあります。既知の問題は次のとおりです。

  1. ホットフィックスのインストールに失敗し
    ました。このプラットフォームには適用されません。 Windows Server 2016 にインストールすると、インストーラがアップデート / ホットフィックス xxxxxxxxx を見つけられません。アップデートを手動でインストールすると、「このアップデートはお使いのコンピュータには適用されません」というエラーが表示されます。  
    Windows Server 2016 では、 MPIO はデフォルトで有効になっていません。Add Features メニューからサーバで MPIO を有効にします。 DSM は問題なくインストールされます。 

    修正プログラム KB979743 をインストールするMPIO.sysと、 Windows 2008 SP2 および 2008 R2 用の更新されたドライバが提供されます。Windows 2008 の MPIO 機能が有効になっていないため、このホットフィックスがインストールされないか、 Data ONTAP DSM インストーラによって検出されない可能性があります。

    適切なオペレーティングシステムだけでなく、 x86 と x86-64 ( AMD 64 )のホストプラットフォームに適した修正プログラムをインストールします。多くの場合、 Microsoft では、ダウンロード用の修正プログラムを、サーバ OS のバージョンではなく、クライアント OS のバージョンとして一覧表示しています。同等のサーバ OS リリースは
    次のとおりです。 Windows Vista = Windows 2008 SP2
    Windows 7 = Windows 2008 R2
    Windows 10 = Windows 2012
    。たとえば、 Windows 2008 SP2 の修正プログラムをダウンロードする必要がある場合、 正しいファイルは、「 Vista Download 」というラベルのファイルです。

    この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    1. Windows 2008 (管理ツール > 機能 > MPIO )で MPIO 機能を有効にし、再起動します。
    2. ホットフィックスは、最も小さい番号から順にインストールします。
    3. Data ONTAP DSM をインストールしてリブートします。
  2. 修正プログラムのインストール順序:
    同じドライバに対する修正プログラムの更新が、時々発生する別の問題です。修正プログラム KB970525 および KB979743 で新しいMPIO.sysドライバが提供されます。インストール要件を満たすには、 KB979743 より前にホットフィックス KB970525 をインストールする必要があります。

    ホットフィックスをインストールする際の経験則は、修正プログラムを最低から最高の順に適用することです。修正プログラムが間違った順序でインストールされている場合は、新しい修正プログラムをアンインストールし、古い修正プログラムをインストールしてから、新しい修正プログラムを再インストールします。
  3. Windows Host Utilities と Data ONTAP DSM のホットフィックス要件の相互作用
    :ホットフィックス KB970525 は、 Windows Host Utilities 5.3 で必要MPIO.sysとなり、にアップデートが提供されます。
    Data ONTAP DSM 3.4 では、ホットフィックス KB979743 が必要MPIO.sysで、より新しいバージョンのが提供されています。

    両方のインストーラの要件を満たすには、次の手順を実行します。
    1. MPIO 機能を有効にします。
      メモ: MPIO を有効にした後、ホットフィックスをインストールする前に、再起動が必要になる場合があります。
    2. ホットフィックス KB970525 をインストールします。
    3. ホットフィックス KB979743 をインストールします。
    4. Windows Host Utilities 5.3 をインストールします。
    5. Data ONTAP DSM 3.4 をインストールします。
  4. Data ONTAP DSM 3.4 では、ホットフィックス KB982109 のインストールは強制されません。この修正プログラムは、 Windows 2003 MPIO ドライバの重要な更新プログラムを提供します。信頼性の高い MPIO を使用するには、この修正プログラムをインストールする必要があります。
     ファイル名  ファイルのバージョン  ファイル サイズ  日付  時間  プラットフォーム  SPの要件
     すべてのサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows Server 2003
     MPIO.SYS  5.2.3790.4706  86,016  2010 年 5 月 11 日  04:50  x86  SP2
     MPSPFLTR.SYS です  5.2.3790.4706  13,824  2010 年 5 月 11 日  04:50  x86  SP2
     すべてのサポートされている x64 ベースバージョンの Windows Server 2003      
     MPIO.SYS  5.2.3790.4706  126,464  2010 年 5 月 11 日  04:34  x64  SP2
     MPSPFLTR.SYS です  5.2.3790.4706  18,944  2010 年 5 月 11 日  04:34  x64  SP2
     サポートされているすべての IA-64 ベースの Windows Server 2003 バージョン
     MPIO.SYS  5.2.3790.4706  247,296  2010 年 5 月 11 日  04:34  IA-64  SP2
     MPSPFLTR.SYS です  5.2.3790.4706  37,376  2010 年 5 月 11 日  04:34  IA-64 SP2

追加情報

AdditionalInformation_Text :

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?