メインコンテンツまでスキップ

非同期リモートボリュームミラーリングを使用した動的な容量拡張では、ドライブの障害とボリュームの障害が発生します

Views:
33
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

E シリーズコントローラファームウェア 8.xx
SANtricity

ファームウェア 08.25.14.00 より前に実行されている E5500 。
•E5600 は、 08.25.14.00 より前、または 08.30.40.00 より前のファームウェア、または 08.40.00.00 ファームウェアより前に実行されています。
•ファームウェア 08.40.00.00 を実行している E5700

問題

PI が有効になっている ARVM ミラーを含むボリュームグループとマルチコアをサポートするコントローラで次のいずれかの再構成操作を実行すると、ドライブの障害、ボリュームの障害、再構成操作の失敗につながる PI RefTag エラーが発生する可能性があります。再構成中にボリューム障害が発生したため、リカバリする唯一の方法はボリュームグループを削除することです。設定を再作成しても、データをリカバリできません。

影響を受ける再構成処理:

  • 容量の動的拡張(DCE)
  • ボリュームの動的拡張(DVE)
  • Dynamic Segment Sizing ( DSS )
  • ダイナミック RAID マイグレーション( DRM )
  • デフラグ

システムに影響がある場合は、 Active IQ を確認してください

次の条件が存在する必要があります。

  • システムがいずれかのプラットフォームを実行しており、「環境」セクションに記載されている該当リリースがある(マルチコアプラットフォームのみ)。
  • ボリュームグループには、 PI が有効な ARVM ミラーが含まれます
  • DCE 、 DVE 、 DSS 、 DRM 、またはデフラグ再設定操作は、 PI が有効で ARVM ミラーが有効なボリュームグループで実行されます
  • トラディショナルボリューム( DDP には影響ありません)

 

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device