メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

E シリーズの mSATA デバイスの寿命を調べる方法

Views:
33
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  •   E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx    
  •   SANtricity 

説明

  • この記事では、 mSATA デバイスの消耗レベルをテクニカルサポートエンジニアが確認および特定できる属性について説明します。
  • この資料に記載されている値に基づいて、ハードウェアの交換が必要になる場合があります。
    • 11.30.5R3/11.40.3 R2/11.50.2 以降では、手動サポートバンドルと AutoSupport には MSATA デバイス関連の統計が含まれます。
      • 統計は dom0 診断データファイルDOM0-DAILY-DIAGNOSTICS-A.7Z()に格納されます。
    • 11.50.3 以降Persistent cache backup device at end of life では、新しい Recovery Guru エラーエントリが導入されました。
      • MSATA の残りの寿命が以下に定義されたしきい値に達すると、障害がトリガーされます。
      • このエラーが報告された場合は、該当するコントローラを交換する必要があります。
    • 以前のバージョンを実行しているシステムの場合は、 SmartmonTools パッケージをコントローラにインストールして統計情報をキャプチャできます。
      • この操作 は、お客様が上記のリリースにすぐにアップグレードできないような極端な状況でのみ行ってください。
      • このパッケージのインストール方法については、この文書の最後に記載されています。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support