メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

7MTT : CIFS ローカルユーザおよびグループ設定を移行する際のファイアウォールの問題の解決方法

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

7-Mode Transition Tool                

説明

状況

7-Mode Transition Tool ( 7MTT )では、事前チェックの実行時に次のブロッキングエラーが報告されます。

  • エラーコード: 26000
  • エラータイプ:ブロッキングエラー
  • エラー メッセージ: The HTTP port of the 7-Mode Transition Tool server is blocked by the firewall or HTTP port is not opened for target SVM data LIFs. Therefore, 7-Mode Transition Tool cannot transition 7-Mode local users and groups configurations to the following SVMs.
  • 対応処置:次のいずれかの対応処置を実行し、操作を再実行します。
    指定した HTTP ポートがファイアウォールによってブロックされておらず、 HTTP ポートがターゲット SVM データ LIF に対して開かれていることを確認します。
    CIFS ローカルユーザおよびグループの設定の移行は無視してください。CIFS ローカルユーザおよびグループの移行を無視する前に、影響を評価します。CIFS ローカルユーザおよびグループの設定の移行を無視する方法の詳細については、『 7-Mode Transition Tool Guide 』を参照してください。

原因

7-Mode Transition Tool サーバがインストールされている HTTP ポート(デフォルト: 8088 )は、ファイアウォールによってブロックされます。CIFS ローカルユーザおよびグループ( LUG )を 7-Mode からターゲット SVM に移行するには、このポートを開く必要があります。

7MTT は、 7 モードから CIFS ローカルユーザとグループを収集し、 7MTT サーバ上のテキストファイルにラグ情報を格納します。移行中、ターゲットクラスタはこのテキストファイルを 7MTT から読み取って、ターゲット SVM にラグ設定を適用します。したがって、 7MTT HTTP ポートがブロックされている場合、ターゲットクラスタはラグテキストファイルを読み取ることができず、その結果、ターゲット SVM にラグ設定を適用できなくなります。

注意:この事前チェックは、 7 モード移行ツールの 3.0 以降のバージョンからのみ実装されています。ただし、移行中に CIFS ローカルユーザとグループの移行に失敗した場合は、 HTTP ポートを許可する手順を実行できます。
また、バグ 952014 : AutoSupport トラフィックは、ストレージシステムが発信トラフィックにクラスタ間 LIF を選択すると中断されます

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support