メインコンテンツまでスキップ

バックツーバックシナリオの状況を悪化させます

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

回答

  • 着信ワークロード(連続またはバースト)は、ストレージアプライアンスが処理するように設定されているワークロードよりも大きくなります(通常、これには本番環境の負荷に低速のドライブを使用することも含まれます)。
  • データレイアウトの非効率性により、内部システムのオーバーヘッドが過度に発生します(通常、 LUN または VMDK ストレージオブジェクトの IO がアライメントされていないため)。
    • 上記のいずれかの状況が発生した場合は、ストレージコントローラに関する今後のパフォーマンス問題を軽減するために、これらの状況を絶対に修正する必要があります。
    • LUN または VMDK ストレージオブジェクトの IO がアライメントされていないことが問題の原因である場合は、パフォーマンスの問題を解決するための初期の焦点となります。

注:

  • Back-to-Back CPS は、または出力の CP Type 列で識別されます。'B''b'sysstat次のサンプルでは、完了後に CPS が開始されるだけではありません。
  • ワークロード、スループット、レイテンシでパフォーマンスの問題が発生した場合は、ネットアップグローバルサポートでケースをオープンしてください。

追加情報

AdditionalInformation_Text