メインコンテンツまでスキップ

CBT :特定のセカンダリプロジェクトに必要なプライマリ 7-Mode の詳細をすべて提供する方法

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

7-Mode Transition Tool

説明

次の手順では、プライマリボリュームとセカンダリ 7-Mode ボリュームの移行に関連するプロセスと、移行中に SnapMirror 関係を保持する方法について説明します。

  1. セカンダリの 7 モードボリュームをすべて使用して、セカンダリプロジェクトを作成します。 
  2. プライマリプロジェクトをすべてのプライマリ 7-Mode ボリュームで構成します。
  3. プライマリ 7-Mode の詳細をセカンダリプロジェクトに追加し、セカンダリクラスタ SVM の詳細をプライマリプロジェクトに追加します。
  4. ベースラインを開始し、最初にセカンダリプロジェクトを完了(カットオーバー)します。セカンダリプロジェクトの完全な運用中、 7-Mode Transition Tool は、 10 代の 7-Mode プライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリュームとの SnapMirror 関係を作成します。
  5. ベースラインを開始し、プライマリプロジェクトを完了します。プライマリプロジェクトの完了(カットオーバー)操作は、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)後にのみ実行する必要があります。プライマリプロジェクトの処理が完了すると、 7-Mode Transition Tool によって、 7-Mode プライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係が削除され、プライマリクラスタ SVM ボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係が作成されます。

7-Mode Transition Tool CLI を使用してセカンダリボリューム( SnapMiror 関係のデスティネーションボリューム)を移行する場合は、プライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細をプロジェクトに提供する必要があります。これらの詳細は、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中に、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームとの間にボリューム SnapMirror 関係を作成するために必要です。

プライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細が追加されていない場合、セカンダリプロジェクトツールでは、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中に、 7-Mode プライマリボリュームと clustered Data ONTAP セカンダリボリューム間に必要なボリューム SnapMirror 関係を作成できません。

7 MTT バージョン 3.0 より前のバージョンでは、必要なプライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細がすべてプロジェクトに追加されていない場合、ツールによって警告が生成されます。 3.0 以降のバージョンの 7MTT では、 必要なプライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細がすべてプロジェクトに追加されていない場合、事前チェック処理中に無視できないブロックエラーが発生します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device