メインコンテンツまでスキップ

クラスタ内の SVM データ接続に対して CIFS NULL セッションが許可されています みなされます

Views:
11
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

  • 製品モデル: V3250
  • OS : clustered Data ONTAP 8.2P4 ( clustered Data ONTAP 8.2.2RC1 より前のすべてのバージョン)

問題

clustered Data ONTAP では、 Storage Virtual Machine ( SVM )のデータ接続に対して CIFS NULL セッションが許可されています。

詳細については、次のリンクを参照してください。

null セッションを使用すると、匿名ユーザは Windows または Samba や Solaris CIFS サーバなどのサードパーティの CIFS 実装との認証されていない CIFS セッションを確立できます。これらの匿名ユーザは、ローカルユーザ、グループ、サーバ、共有、ドメイン、ドメインポリシーを列挙でき、 RPC 関数呼び出しを介してさまざまな MSRPC サービスにアクセスできる可能性があります。これらのサービスは、これまでに多数の脆弱性の影響を受けてきました。NULL セッションを通じて攻撃者が利用できる情報が豊富なため、攻撃者はより高度な攻撃を実行できる可能性もあります。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support