メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SCSI チェック状態の説明

Views:
690
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
hw
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • コア
  • 管理

回答

  • SCSI Check Condition \'81\'5c 接続されているデバイスが検出した状態を報告しようとしていることを示します。
  • Sense Key は、条件の主要な分類です。追加情報は、多数の追加センスコード( ASC )および追加のセンスコード修飾子( ASCQ )で報告されることもあります。
SCSI センスキーの意味
0h
  • 意味なし:特定の意味キー情報は報告されていません。
  • この問題は、デバイスがテープドライブからファイルマーク、 EOM 、または ILI 情報を報告する必要がある場合、またはコマンドが成功した場合に発生することがあります。
1h リカバリエラー:最後のコマンドは正常に完了しましたが、一部のリカバリアクションを適用するためにデバイスが必要でした。
2 時間
  • 準備中:デバイスは要求されたアクションを完了する準備ができていません。
  • これは、テープが見つからない、ディスクがスピンアップする必要がある、またはコマンドを実行するために追加の時間が必要な場合に発生します。
3 時間 デバイスから、ストレージメディア ( テープカートリッジまたはディスクプラッタ ) に問題があることが報告されたため、コマンドが正常に完了しなかった。デバイスがこのエラーとエラー 4h を区別できない場合にも報告されることがあります。
4H ハードウェアエラー:デバイスから回復不能なデバイス内部エラーが報告されました。
5 時間 
  • 不正な要求 : デバイスが要求を認識しないため、ホストシステムから送信されたコマンドを実行できません。
  • 無効なコマンドコードまたはコマンドパラメータを示します。
6 時間
  • ユニットへの注意 : リムーバブルメディアが変更されました。
  • デバイスはこれを通知するため、ホストシステムは前のメディアの使用を中止して新しいメディアの使用を開始するために必要なアクションを実行できます。
7H
  • データ保護:デバイスはメディアを読み書きできません。
  • これは、デバイスまたはテープカートリッジのスイッチが原因で発生することがあります。
8 時間
  • Blank Check :要求時点以降のテープにデータが存在しない場合に、テープの読み取りが要求されました。
  • 要求された書き込み場所にデータがすでに存在している場合は、 write-once デバイスでも発生することがあります。
9 時間 ベンダー固有:意味を判断するには、 SCSI デバイスのベンダードキュメントを参照する必要があります。
ああ
  • Copy Aborted (コピーの中止):SCSI COPYCOMPARECOPY AND COMPAREまたは Command has failed because of errors on either the source device or destination device] (ソースデバイスまたは宛先デバイスのエラーが原因でコマンドが失敗
  • これらの操作は、 SCSI デバイス間でデータを直接移動します。
BH
  • aborted コマンド: SCSI バスのパリティエラーなどの重大なエラー状態が原因で、デバイスがコマンドの実行を停止しました。
  • ホストシステムが操作を再試行する可能性があります。
CH  obsolete : SCSI はこのセンスキーを報告しなくなりました。
DH ボリュームオーバーフロー:バッファされた SCSI デバイスが処理の終了に達しましたが、データはバッファに残ります。
 
EH ミス比較: SCSI デバイスがメディアから読み取られたデータがソースデータと一致しないことを報告します。
FH 予約済み: SCSI はこのセンスキーを報告しません。
SCSI センスキーのアクション
0h
  • ほとんどの場合、これはテープドライブからのレポートです。テープの予期しない終了が発生したことを示している可能性があります。
  • テープが正しいか、テープ容量を超えて書き込みまたは読み取りを試みていないかを確認します。
1h
  • 回復されたエラーが発生することがあります。一般的には、問題の原因ではありません。
  • 特定のデバイスに過剰なエラーが発生した場合は、ネットアップの担当者に連絡してください。
2 時間
  • テープデバイスの場合は、必要なテープカートリッジを取り付けます。
  • ディスクの場合は、ディスクがスピンアップするか準備が完了するまで待ちます。
  • Data ONTAP の制御下では、ほとんどの場合、単独で実行されます。
3 時間
  • テープデバイスの場合は、メディアを交換する必要があります。
  • Data ONTAP では、通常、障害が発生したセクタに代替セクタを割り当てるようにディスクに指示することで、このエラーを報告するディスクが処理されます。
  • 増大した障害は、メディアで発生することが予想され、 Data ONTAP またはディスク自体によって自動的に処理されます。
4H
  • デバイスで障害が発生しました。
  • 詳細については、ベンダーまたはネットアップにお問い合わせください。
5 時間
  • Data ONTAP とデバイスは、デバイスの機能の一部に同意しません。
  • ネットアップにお問い合わせください
6 時間 テープメディアを交換した場合、ユニットへの注意は正常です。
 
7H
  • デバイスのスイッチ / ジャンパおよび / またはテープカートリッジの書き込み保護設定を変更して、必要な動作を可能にします。
  • 書き込み前に正しいテープが使用されていることを確認します。
8 時間
  • 要求したデータは存在しません。
  • デバイスに正しいテープが挿入されていること、または要求された操作に適した場所にテープが配置されていることを確認します。
BH
  • このエラーは、 SCSI バス(またはファイバチャネル)の接続が不安定なことが原因で発生することがよくあります。
  • 終端とケーブル接続がアプリケーションに適していること、および確実に固定されていることを確認します。ホストバスアダプタまたは SCSI デバイスに障害が発生している可能性もあります。
  • その他すべてのコード:デバイスのベンダーまたはネットアップにお問い合わせください。

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device