メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

SCSI チェック状態の説明

Views:
33
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • コア
  • 管理

回答

SCSI Check Condition \'81\'5c 接続されているデバイスが検出した状態を報告しようとしていることを示します。センスキーは、条件の主要な分類です。
追加情報は、多数の追加センスコード( ASC )および追加のセンスコード修飾子( ASCQ )で報告されることもあります。

SCSI センスキーの意味
0hは次のとおりです。 - No sense :特定のセンスキー情報が報告されていません。これは、デバイスがテープドライブからファイルマーク、 EOM 、または ILi 情報をレポートする必要がある場合、またはコマンドを正常に実行する必要がある場合に発生します。
1h- リカバリされたエラー:The last command completed successfully, but the device needed to apply some recovery actions
2h- 準備中:デバイスは要求されたアクションを完了する準備ができていません。これは、テープが見つからない、ディスクがスピンアップする必要がある、またはコマンドを実行するために追加の時間が必要な場合に発生します。
3h- 中程度のエラー:The device reports that the storage medium (tape cartridge or disk platter) contains a flaw that caused the command to not complete successfully. It may also be reported if the device cannot distinguish between this error and error 4h
4h- ハードウェアエラー: The device reports an unrecoverable device-internal error.
5h- 不正な要求:デバイスが要求を認識していないため、ホストシステムから送信されたコマンドを実行できません。無効なコマンドコードまたはコマンドパラメータを示します。
6h- ユニットの注意:リムーバブルメディアが変更されました。デバイスはこれを通知するため、ホストシステムは前のメディアの使用を中止して新しいメディアの使用を開始するために必要なアクションを実行できます。
7h- データ保護:デバイスはメディアの読み取りまたは書き込みを行うことができません。これは、デバイスまたはテープカートリッジのスイッチが原因で発生することがあります。
8h- 空白のチェック:要求された時点またはそれ以降にテープにデータが存在しない場合に、テープの読み取りが要求されました。要求された書き込み場所にデータがすでに存在している場合は、 write-once デバイスでも発生することがあります。
9h- ベンダー固有: SCSI デバイスの意味を確認するには、ベンダーのマニュアルを参照する必要があります。
Ah-copy aborted:SCSI COPYCOMPARECOPY AND COMPARE 、またはソースデバイスまたはデスティネーションデバイスのエラーが原因でコマンドが失敗しました。これらの操作は、 SCSI デバイス間でデータを直接移動します。
Bh-aborted コマンド: SCSI バスパリティエラーなどの重大なエラーが原因で、デバイスがコマンドの実行を停止しました。ホストシステムが操作を再試行する可能性があります。
Ch- 廃止: SCSI はこの Sense Key を報告しなくなりました。
Dh- ボリュームオーバーフロー:バッファされた SCSI デバイスがエンドオブパーティションに到達しましたが、データはバッファに残ります。
Eh- miscompare : SCSI デバイスは、メディアから読み取られたデータがソースデータと一致しないことを報告します。
Fh-reserved : SCSI はこのセンスキーを報告しません。

SCSI センスキーを使用
0hするには、次の処理が必要です。 - ほとんどの場合、テープドライブからのレポートです。テープの予期しない終了が発生したことを示している可能性があります。テープが正しいこと、またはテープ容量を超えて書き込みや読み取りを試みていないことを確認します。
1h- 時々リカバリされるエラーが発生します。一般的には、問題の原因ではありません。特定のデバイスに過剰なエラーが発生した場合は、ネットアップの担当者に連絡してください。
2h- テープデバイスの場合は、必要なテープカートリッジを取り付けます。ディスクの場合は、ディスクがスピンアップするか準備が完了するまで待ちます。Data ONTAP の制御下では、ほとんどの場合、単独で実行されます。
3h- テープデバイスの場合は、メディアを交換する必要があります。Data ONTAP では、通常、障害が発生したセクタに代替セクタを割り当てるようにディスクに指示することで、このエラーを報告するディスクが処理されます。増大した障害は、メディアで発生することが予想され、 Data ONTAP またはディスク自体によって自動的に処理されます。
4h- デバイスに障害が発生しました。詳細については、ベンダーまたはネットアップにお問い合わせください。
5h- Data ONTAP とデバイスは、デバイスの機能の一部に同意しません。ネットアップにお問い合わせください。
6h- テープメディアを交換した場合、ユニットの注意は正常です。
7h- デバイスのスイッチ / ジャンパ、テープカートリッジの書き込み保護設定を変更して、必要な操作を実行できるようにします。書き込み前に正しいテープが使用されていることを確認します。
8h- 要求されているデータは存在しません。デバイスに正しいテープが挿入されていること、または要求された操作に適した場所にテープが配置されていることを確認します。
Bh- このエラーは、 SCSI バス(またはファイバチャネル)の接続が不安定であることが原因で発生することがよくあります。終端とケーブル接続がアプリケーションに適していること、および確実に固定されていることを確認します。ホストバスアダプタまたは SCSI デバイスに障害が発生している可能性もあります。
その他すべてのコード:デバイスのベンダーまたはネットアップにお問い合わせください。

追加情報

ここにテキストを追加します。