メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ノードシェルオプション snapmirror.enable は clustered Data ONTAP で効果がありますか。

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

ONTAP

回答

いいえ。 clustered Data ONTAP のどのバージョンでも、ノードシェルオプション snapmirror.enable は機能しません。  お客様は、コマンドを実行するデスティネーションクラスタで実行できます。  すべての SnapMirror 関係を無効にするように、お客様に混乱が見られます。  ただし、 SnapMirror には影響しないため、 SnapMirror は使用しないでください。  すべてのミラーを停止する方法はありません。


sj_93cluster01::> run local options snapmirror.enable
snapmirror.enable       off

sj_93cluster01::>


clustered Data ONTAP では、このオプションをデフォルト(無効)のままにしておくことを推奨します。 
clustered Data ONTAP では、 SnapMirror 処理はクラスタシェルコマンドの「 napmirror 」で制御され、 nodeshell の「 napmirror.enable 」オプションでは制御されません。 
したがって、 clustered Data ONTAP では、このオプションを無効または有効にしても意味はありません。

追加情報


また、システムを ONTAP 9.3 にアップグレードする場合[1]は、 nodeshell オプションの「 snapmirror.enable 」が無効になっていることを確認して、バグ 1125666 の影響を回避してください。

システムに影響がある場合は、 Active IQ を確認してください

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?