メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

多くの「ブロック所有権」スキャナで CPU 使用率が高くなります

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 8.1 7-Mode

問題

  • Transition (TDP) 7-Mode から C-Mode へのレプリケーションは低速です。
  • とのように、バックグラウンドプロセスが多く実行NDMP, schedule snapshotsされています and snapmirror.
  • WAFL スキャンでは、 wafl_exempt の CPU 時間が長く"Kahuna"なり、ドメインの実行に遅延が発生しています。 
  • Kahuna は平均Serialized WAFLして 80% 以上の利用率を達成しています。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support