メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP 8 では、 wafl_check と wafliron は SnapMirror デスティネーションボリュームとどのように連携しますか。

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8.1
  • clustered Data ONTAP 8

回答

SnapMirror デスティネーション・ボリュームを含むアグリゲートで wafl_check または wafliron を実行できますか。

wafl_check および wafliron の詳細については、次の KB 記事を参照してください。

: Data ONTAP 8.1 では、 wafl_check はブートメニューから削除され、サポートされていない操作です。代わりに、 wafliron および wafliron オプションのコミットを使用します。

SnapMirror デスティネーションボリュームのロードシェアリング

wafl_check および wafliron は、 SnapMirror デスティネーションボリュームのロードシェアリングをスキップします。SnapMirror デスティネーションボリュームのロードシェアリングに対する WAFLIROon の試みの例を次に示します。

diag モードでコマンドを実行します

Node1::>set diag

Node1::*>storage aggregate wafliron start -aggregate ls_aggr_1

WARNING: Aggregate ls_aggr_1 contains 1 Load Sharing SnapMirror destination volume(s). If you want to fix inconsistencies on a Load Sharing SnapMirror destination volume, please delete, recreate and resynchronize from the source. Wafliron will skip Load Sharing SnapMirror destination volume(s). Do you still want to continue? {y|n}:

ロードシェアリングミラーのデスティネーションに対する wafl_check の試行例( EMS ログファイルに記録されます):

Skipping Clustered replica volume @vserver (mirror type drm)

データ保護 SnapMirror デスティネーションボリューム

デフォルトでは、 wafl_check はデータ保護 SnapMirror デスティネーションボリュームをチェックします。wafliron-include-mirrors では、データ保護 SnapMirror デスティネーションボリュームを作成する前に、オプション「 true 」を設定する必要があります。

オプション「 -include-mirrors 」を「 true 」に設定しないで、データ保護 SnapMirror デスティネーションボリュームに対する Wafliron の試行の例:

Node1::*>storage aggregate wafliron start -aggregate dr_aggr_1

WARNING: Aggregate dr_aggr_1 contains 1 Data Protection SnapMirror destination volume(s). You have chosen to skip wafliron on Data Protection SnapMirror destination volume(s). If you want to fix inconsistencies on a Data Protection SnapMirror destination volume, you must use the option '-includemirrors' set to 'true'. Do you still want to continue? {y|n}:

オプション「 -include-mirrors 」を「 true 」に設定したデータ保護 SnapMirror デスティネーションボリュームに対する WAFLION の試行の例

Node1::*>storage aggregate wafliron start -aggregate dr_aggr_1 -include-mirrors true

WARNING: Aggregate dr_aggr_1 contains 1 Data Protection SnapMirror destination volume(s). You have chosen wafliron to fix inconsistencies by breaking the mirror relationship(s) on the Data Protection SnapMirror destination volume(s). Do you still want to continue? {y|n}: y Initiated wafliron-start on aggregate dr_aggr_1.

データ保護 SnapMirror デスティネーションボリューム: VLDB と WAFL の再同期と SnapMirror 関係の再同期

データ保護 SnapMirror デスティネーションボリュームが削除されると、 SnapMirror 関係は「 Broken-Off 」状態になり、 VLDB と WAFL のデスティネーション SnapMirror ボリュームに関する情報が一致しなくなります。

vreport show 、 vreport fix 、 snapmirror resync を実行して、 SnapMirror 関係の使用を継続します。

手順は次のとおりです。

Node1::>set diag

Node1::*>debug vreport show -instance

Object type: volume

Object: vserver: dst_vol1

List of attributes: Node Name: Node1

Volume DSID: 1048 MSID:2147484688

UUID: 29ad55c0-5c31-11de-9d1b-123475882448

Aggregate Name: dr_aggr_1

Aggregate UUID: 9k2dc7b0-5c49-11de-acb0-00a5882448f

Vserver UUID: 237328fa-1998-11de-8219-12345882448

AccessType: READ_WRITE

StorageType: REGULAR

StripeType: FLEX_VOL

Reason for difference: Present both in VLDB and WAFL with differences

Duplicate Object Values:

Attributes With Differing Values: Volume Access Type

Values In WAFL: READ_WRITE

Values In VLDB: DP_READ_ONLY

Node1::*>debug vreport fix -type volume -object vserver:dst_vol1

Node1::*>set admin

Node1::>snapmirror resync -destination-path cluster_name://vserver/dst_vol1

デスティネーションアグリゲートは WAFL 整合性を持つようになり、 SnapMirror 関係は再同期化されて正常に動作します

追加情報

AdditionalInformation_Text