メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ONTAP 7 では、 vif の MAC アドレスはどのように割り当てられますか。

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7

回答

vif または ifgrp を作成すると、 vif の内部に含まれるインターフェイスの MAC アドレスが、 vif に割り当てられた MAC アドレスと同じ MAC アドレスに変更されます。これは、 vif がスイッチへの単一インターフェイスのように設計されているためです。そのスイッチは、仮想インターフェイスに対して 1 つの MAC アドレスを認識し、個々のインターフェイスが接続されているポートにその MAC アドレスを反映するように設定されています。問題は、その MAC アドレスはどのように生成されるかということです。

Data ONTAP 6.2 以降では、 VIF への MAC アドレスの割り当て方法が変更されました。

Data ONTAP の以前のリリースでは、 vif のメンバーの 1 つからの MAC アドレスが vif に使用されていました。Data ONTAP 6.2 では、 vif からインターフェイスを削除できる機能が導入されています。そのため、 vif からインターフェイスを削除した場合にインターフェイスで必要になるため、いずれかのインターフェイスの実際の MAC アドレスを vif に使用することはできません。代わりに、 Data ONTAP 6.2 以降では、 vif で使用する仮想 MAC アドレスのプールが作成されます。

Data ONTAP は、 E0 インターフェイスの MAC に基づいて VIF MAC アドレスを作成します。これを行うには、 e0 MAC の最初の 2 つの 16 進数を増分し、 VIF 内のすべてのインターフェイスに適用します。したがって、 e0 MAC がの場合00:a0:98:00:8f:81、 vif MAC は他02:a0:98:00:8f:81のインターフェイスと同様になります。

例:

VIF に割り当てifgrp status <ifgrp>られている MAC アドレスを確認するには、 Filer 上でを実行し、 MAC アドレスが VIF に割り当てられていることを示す addr_set フィールドを確認する必要があります。ifconfig <vif interface>次に、 vif に割り当てられた MAC アドレスを取得します。

fas01*> ifgrp status
default: transmit 'IP Load balancing', Ifgrp Type 'multi_mode', fail 'log'
ifgrpA: 2 links, transmit 'IP Load balancing', Ifgrp Type 'multi_mode' fail 'default'
     Ifgrp Status   Up    Addr_set
     up:
     e0d: state up, since 19Feb2020 19:12:03 (00:00:03)
         mediatype: auto-1000t-fd-up
         flags: enabled
         input packets 1, input bytes 64
         output packets 0, output bytes 0
         up indications 1, broken indications 0
         drops (if) 0, drops (link) 0
         indication: up at 19Feb2020 19:12:03
             consecutive 2, transitions 1
     e0c: state up, since 19Feb2020 19:11:46 (00:00:20)
         mediatype: auto-1000t-fd-up
         flags: enabled
         input packets 8, input bytes 512
         output packets 0, output bytes 0
         up indications 1, broken indications 0
         drops (if) 0, drops (link) 0
         indication: up at 19Feb2020 19:11:46
             consecutive 18, transitions 1

fas01*> ifconfig -a
e0a: flags=0xe48867<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     inet 10.216.61.221 netmask 0xffffff00 broadcast 10.216.61.255
     ether 00:50:56:92:1f:da (auto-1000t-fd-up) flowcontrol full
e0b: flags=0xe08866<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     ether 00:50:56:92:16:23 (auto-1000t-fd-up) flowcontrol full
e0c: flags=0x8e08867<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     ether 02:50:56:92:1f:da (auto-1000t-fd-up) flowcontrol full
     trunked ifgrpA
e0d: flags=0x8e08867<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     ether 02:50:56:92:1f:da (auto-1000t-fd-up) flowcontrol full
     trunked ifgrpA
lo: flags=0x1b48049<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,TCPCKSUM> mtu 9188
     inet 127.0.0.1 netmask 0xff000000 broadcast 127.0.0.1
losk: flags=0x40a400c9<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 9188
     inet 127.0.20.1 netmask 0xff000000 broadcast 127.0.20.1
ifgrpA: flags=0x20e08862<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     ether 02:50:56:92:1f:da (Enabled interface groups)

 

この変更により、ネットワーク機器またはクライアントが新しい MAC アドレスを認識する必要が生じる場合があります。場合によっては、古い MAC アドレスが ARP キャッシュに残っていることがあります。削除する必要があり、新しい MAC アドレスを検出する必要があります。場合によっては、古い MAC アドレスがエージングアウトされ、新しい MAC アドレスが検出されるため、何も実行する必要はありません。スイッチ、ルータ、またはクライアントのマニュアルで、この処理方法を確認してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?