メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 7-Mode および clustered Data ONTAP で CLI を使用して 64 ビットアグリゲート変換を実行する方法

Views:
80
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8.1
  • Data ONTAP 7 以前

説明

新しい Data ONTAP 7-Mode アグリゲートと clustered Data ONTAP アグリゲートはすべて、デフォルトで 64 ビットとして作成されます。ただし、以前のシステムでは、または移行中に 32 ビットアグリゲートが検出されます。16 TB を超えるアグリゲートを作成するには、 32 ビットアグリゲートを 64 ビットに変換します。これが要件でない場合は、 32 ビットアグリゲートを 64 ビットに変換する必要はありません。

ブロックポインタが大きいため、 64 ビットアグリゲートでは 32 ビットアグリゲートよりも空きスペースが多く必要です。アグリゲート内のボリュームがフルに近い場合、アグリゲート変換を開始できません。アップグレードプロセス中にボリュームがフルになると、アップグレードプロセスが中止されます。

アグリゲートの変換は中断されませんが、パフォーマンスがわずかに低下する可能性があります。変換の完了にかかる時間やパフォーマンスへの影響を予測することはできません。これはシステムの使用状況によって異なります。

コマンドは、 Data ONTAP 7-Mode と clustered Data ONTAP のバージョンで異なります。64 ビットアグリゲートをサポートするには、 Data ONTAP 8.0 以降が必要です。clustered Data ONTAP 8.2.1 より前のすべてのバージョンでは、 16 TB のアグリゲートに 1 つのディスクを追加することによって、 64 ビットアグリゲート変換がトリガーされます。 8.1.4p4 より前の 7 モードでは、アグリゲートを 64 ビットにアップグレードする前に、 16 TB を超える十分なディスクが必要です。clustered Data ONTAP 8.2.1 以降および 8.1.4 P4 7-Mode では、ディスクを追加せずに変換を実行できます。

Data ONTAP 8.3+ では 32 ビットデータがサポートされなくなりました。このバージョンにアップグレードする前に、すべてのボリュームを 64 ビットにアップグレードする必要があります。Upgrade Advisor には、この手順が記載されています。7 モードから CDOT に移行する場合、 TDP SnapMirror 関係の転送が機能するには、 32 ビットボリュームを 64 ビットにアップグレードする必要があります。

ルートボリュームが同じアグリゲート上にあり、 64 ビットにアップグレードする必要がある場合は、特別な考慮事項はありません。同じコマンドと手順が機能します。

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device