メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 8.1.x Cluster-Mode でノードの接続を解除する方法

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8

説明

この資料では、 Data ONTAP 8.1.x Cluster-Mode でノードをアンジョインする手順について説明します

Data ONTAP 8.0.x の手順と比較すると、 Data ONTAP 8.1.x では、結合解除の手順が更新されています。Data ONTAP 8.0.x の手順については、「 Data ONTAP 8 :クラスタからノードをアンジョインする方法」を参照してください

クラスタアンジョインは、管理者がクラスタからノードを削除するために実行できる操作です。これらのノードのすべてのデータは、アンジョインを完了する前に移動または削除する必要があります。ノードを移動または一時的に無効にするには、ノードをクラスタから結合解除する必要はありません。以下に説明する操作を実行すると、未参加のノードがクラスタから完全に削除されます。これらのノードは、設定が完全に消去された後でのみ、同じクラスタに参加できます。これには、 LIF 、ボリューム、その他のオブジェクトが含まれます。

クラスタのアンジョインを実行する必要が[1]あるかどうか不明な場合は、ネットアップのサポートに連絡して、実行するタスクの情報を確認してください。

Data ONTAP 8.1.x の機能強化では、オブジェクトを所有するノードの追加チェックが中心になっています。ノードがオブジェクト(ボリュームまたは LIF )を所有している場合、そのオブジェクトが削除されるか、結合解除されているノードから移動されるまで、結合解除は行われません。

さらに、すべての設定の未結合ノードをクリアする追加操作が、 Unjoin 操作の最後のステップに追加されます。これは、クラスタから正常に参加解除されたノードで発生します。コンソールに接続して、未接続のノードが正しいメニューにリブートされたことを確認します。 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support