メインコンテンツまでスキップ

MTU サイズの変更によるクラスタインターフェイスの影響は 1500 です を 9000 に変更します

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
network
Last Updated:

に適用されます

  • ネットアップがクラスタスイッチや MetroCluster スイッチを購入しました
  • イーサネット スイッチ

回答

 

  •  N5k スイッチへのアップグレード後に iSCSI 、 NFS 、およびクラスタインターフェイスを MTU1500 から MTU9000 に変更した場合、この状況にはどのような影響がありますか。
 

ジャンボ フレームを使用するようにクライアントを設定する際には、クライアントのTCPウィンドウ サイズや、クライアント、ストレージ システム、中間サブネットのMTU(最大伝送ユニット)サイズなどの特定の設定を確認する必要があります。

 
  • N5K を MTU9000 をサポートするように設定した場合、これは法外になりますか?または、ジャンボフレームのサポートを削除する必要がありますか?
 

ジャンボ フレームを使用する場合のクライアント設定のガイドラインは次のとおりです。

 
  1. クライアントとストレージ システムの両方でジャンボ フレームを設定する必要があります。
  2. クライアントでのジャンボ フレームの設定方法は、クライアント用のネットワーク アダプタのマニュアルを参照してください。
  3. MTUサイズによっては、クライアントのTCPウィンドウ サイズを増やす必要があります。
  4. クライアントのウィンドウ サイズは、最小値にMTUサイズの2倍から40を引いた値、最大値にはシステムで許容される最大値を設定してください。一般的に、クライアントのTCPウィンドウに設定できる最大値は65,535バイトです。ストレージ システムがジャンボ フレームをサポートするよう設定されていても、クライアントがそのように設定されていない場合には、ストレージ システムとクライアント間の通信は、クライアントのフレーム サイズで実行されます。
  5. ストレージ システムとUDPクライアントのMTUサイズは、同じになるよう設定する必要があります。
  6. UDPシステムはMTUサイズをネゴシエートしません。ストレージ システムとクライアントのMTUサイズが同じでない場合、クライアントで受信できない量のパケットがストレージ システムから送信される可能性があります。
  7. ストレージ システムとクライアントが異なるサブネット上にある場合、すべての中間サブネットのMTUサイズを確認する必要があります。
  8. ストレージ システムとクライアント(いずれもジャンボ フレームを使用するよう設定)が異なるサブネット上にある場合、中間サブネットがジャンボ フレームをサポートしていないと、中間ルータによりIPパケットが分割されるためジャンボ フレームを使用する利点が失われます。
 
  •  iSCSI 、 NFS 、およびクラスタの SAN インターフェイスはルーティングできませんか。
 
ストレージシステムでジャンボフレームを有効にする前に、ネットワーク上のスイッチポート、クライアントインターフェイス、および中間ルータでジャンボフレームを有効にする必要があります。ストレージシステムとクライアントが異なるサブネット上にある場合は、ジャンボフレーム用にネクストホップルータを設定する必要があります。
 
  • ジャンボフレームをサポートするように設定する手順は何ですか?clustered SAN に接続する Cisco UCS および VMware vCenter インフラを用意しています。
 
ジャンボ フレームは、標準フレームよりもサイズが大きく、必要なフレーム数が少なくなります。そのため、ネットワーク インターフェイスでジャンボ フレームを使用するとCPU処理のオーバーヘッドを削減できます。特に、ギガビットまたは10ギガビットのイーサネット インフラストラクチャでジャンボ フレームを使用すると、ネットワーク トラフィックの状況によってはパフォーマンスを著しく向上できます。
 
ジャンボ フレームは、標準イーサネット(IEEE 802.3)のフレーム サイズである1,518バイトを超えるサイズのパケットのことです。ジャンボ フレームはIEEE標準仕様に含まれていないので、ジャンボ フレームのサイズの定義はベンダーによって異なります。最も一般的なジャンボ フレームのサイズは、9,018バイトです。
 
ジャンボフレームは、ストレージシステムでサポートされているすべてのギガビットおよび 10 ギガビットイーサネットインターフェイスで使用できます。インターフェイスの伝送速度は、1,000Mbps以上でなければなりません。
 
ストレージシステムには、次の 2 つの方法でジャンボフレームを設定できます。
ストレージシステムにジャンボフレームをサポートするインターフェイスがある場合、初期セットアップ中に、 setup コマンドによってジャンボフレームを設定するためのプロンプトが表示されます。
システムがすでに稼働している場合には、インターフェイス上でMTUサイズを指定して、ジャンボ フレームを有効にします。

追加情報