メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ONTAP は 2021 年 10 月の GPS デーモンの週ロールオーバーバグの影響を受けますか?

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

Global Positioning Systems Daemon ( GPSD )時間は、 2180 週目以降に 1024 週間ロールバックする可能性があります。

回答

2021 年 10 月 24 日、 GPSD バージョン 3.20 ~ 3.22 を使用[1]する Network Time Protocol ( NTP )サーバは、 CISA : GPS Daemon ( GPSD ) Rollover Bug で文書化されているように、 2002 年 3 月 3 日に 1 、 024 週をロールバックする可能性があります。一般 に、 Stratum 1 タイムサーバでは GPS アプライアンスを使用し、 GPSD を使用します。

注: ONTAP は NTP クライアントであるため、 GPSD は使用しません。

各 ONTAP ノードは、アクセス可能な NTP タイムサーバから情報を受信するように設定された NTP クライアントを使用して時間を保持します。

  1. 次のコマンドを使用して、 ONTAP クラスタの NTP 設定を確認します。 

::>cluster time-service ntp server show

  1. 設定 されている NTP サーバとそのアップストリーム時間ソースがこの問題から影響を受ける可能性がないか確認してください。
    GPSD を使用 [2]しているタイムサーバーが影響を受ける場合は、 GPSD 3.23 以降にアップグレードします。

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?