メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ONTAP のアップグレードと継続的な成功

Views:
1,080
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • ONTAP のアップグレード
  • 推奨されるリリース

回答

NetApp® ONTAP® 9 データ管理ソフトウェアは、データファブリックの基盤を提供します。これにより、フラッシュ、ドライブ、クラウドのすべてのリソースにわたって、必要な場所に簡単にデータを移動できます。ONTAP リリースの採用計画に沿って機能を強化するために、ネットアップでは ONTAP 機能のリリースを 1 年に 1 回提供します。この一貫したリリーススケジュールでは、バグ修正を含む ONTAP の新しいバージョンと、ネットアップが実現するデータファブリックのメリットを実現するための新機能が提供されます。

ONTAP のアップグレードが必要な理由

ネットアップがサポートするリリースを実行することは、 IT リスクを軽減するためのベストプラクティスです。すべての機能リリースに、バグの修正と、ネットアップのお客様やパートナー様が期待する高価値機能が含まれているからです。ONTAP のリリースが「サポート終了」( EOVS )マイルストーンに到達した場合、そのリリースは限定サポート 1 またはセルフサービスサポート 2 のいずれかになります。EOVS バージョンを実行している場合は、新しいリリースに更新して IT の中断を最小限に抑え、ビジネス継続性を維持し、新しい機能のメリットを活用することを強く推奨します。

 

さらに、最新リリースの ONTAP を使用することで、新しいユースケースや新機能、シンプルなユーザエクスペリエンスを実現できます。ONTAP System Manager 用の新しい管理 UI では、容量、ハードウェアの健常性、ネットワーク、パフォーマンスの履歴の可視性が向上するため、管理タスクの実行にかかる時間が大幅に短縮されます。NetApp ONTAP FlexGroup®および NetApp FlexCache の機能がバージョン 9.7 で強化され、すべての NetApp AFF 、 FAS 、または ONTAP Select システム上のシンキャッシュを使用して、サイト間でシームレスにデータを投影できるようになりました。NetApp SnapMirror®Synchronous を使用すると、 Recovery Time Objective ( RTO ;目標復旧時点)をさらに短縮するだけでなく、 Recovery Point Objective ( RPO ;目標復旧時点)を常にゼロまで下げることができるため、あらゆる SnapMirror ユーザに高い価値を提供できます。ONTAP 9.7 は、スケールアウト NAS の販売機会が増え、データ保護とビジネス継続性が向上するなど、さまざまなユースケースに大きく改良されています。現在のバージョンからアップグレード[1]する利点の一覧については、このガイドを参照してください。

いつアップグレードするか

ONTAP 9.7 以降では、 ONTAP の機能について、 1 年に 1 回リリースされます。計画は変更される可能性がありますが、 ONTAP の新しいリリースを毎年第 4 四半期に提供する予定です。

 

[2]ベストプラクティスとして、一般提供( GA )から最大 2 年後に推奨リリースを実行することを推奨します。この期間中は、 6 か月ごと、またはそれ以上の頻度でサービスアップデートを適用することを強くお勧めします。サービスの更新を適用することで、重要なバグの修正をタイムリーに組み込むことができます。

ONTAP-updates.png

アップグレードの計画方法

いくつかの方法で、新しい ONTAP リリースへのアップグレードを計画できます。ネットアップでは、アップグレードプロセスを簡易化するために、次のリソースを提供しています。

  • リリースの推奨ガイドこのガイドでは、現在推奨されているリリースとアップグレードの準備が必要な状況、およびアップグレードごとに得られる機能とメリットについて説明します。
  • NetApp Active IQ®Upgrade Advisorこのツールを使用して、 AFF システムまたは FAS システムを新しいバージョンの ONTAP にアップグレードするための、カスタマイズされたステップバイステップの手順を生成できます。
  • Interoperability Matrix Tool ( IMT)を参照してください。このツールは、ネットアップ製品の互換性情報(以下「何がうまく機能するか」)を収集できる、統合されたリポジトリ、アクセス、レポート作成ツールを提供します。
  • ハンズオンラボこのラボでは、運用手順を実践( ONTAP のアップグレードの実行を含む)し、新しい機能を試すための安全な環境を提供しています。
  • アップグレードプロセスに関する FAQ 。
  • ネットアップマネージドサービスNetApp Managed Upgrade Service は、インストールおよび設定済みのネットアップテクノロジを対象とした、リモートから提供されるソフトウェアアップグレードサービスです。

NetApp の新しい ONTAP リリーススケジュールを使用することで、データとストレージ環境を管理するための新しいバージョンの ONTAP を、一貫して予測どおりに受け取ることができます。すべての機能リリースには、データファブリックの利点を活用し、 IT システムの中断を最小限に抑え、運用を簡易化し、 TCO とセキュリティのリスクを軽減するための新しい機能拡張が含まれています。ONTAP データ管理ソフトウェアを常に最新の状態[3]に保つ方法については、 Upgrade ONTAP のページをご覧ください。

 

1限定的なサポート:ネットアップでは、オンラインで提供しているテクニカルサポート、根本原因分析、ドキュメント、ソフトウェアのみを提供します。メンテナンスやパッチリリースはありません。

2セルフサービスサポート:ネットアップが製品のバージョンをサポートしていないが、関連ドキュメントがネットアップサポートサイトで入手できる期間。セルフサービスサポート期間が終了すると、ソフトウェアは廃止とみなされます。

3フルサポート:テクニカルサポート、根本原因分析、オンラインドキュメント、オンラインソフトウェア、脆弱性評価、およびサービス更新( P リリース)が含まれます。

 

Scan to view the article on your device