メインコンテンツまでスキップ

E0M 管理インターフェイスが実稼働トラフィックと同じサブネット上にある場合の、イーサネットネットワークのパフォーマンスの問題

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

Data ONTAP 7 以前 

問題



リブート / メンテナンスが低下した後に、イーサネットネットワーク経由でシステムのネットワークパフォーマンスに影響がある場合は、 Active IQ を確認してください。 

次のバックアップと転送を実行すると、ストレージシステムでバックアップと転送に時間がかかるという問題が報告されます。

  • NDMPバックアップ
  • SnapMirror 転送
  • SnapVault 転送

メッセージと EMS ログは、次のメッセージ( IPv4 または IPv6 )で警告します。

[netapp: netmon_main: net.if.mgmt.sameSubnet:warning]: ifconfig: IP address 'x.x.x.x' configured on dedicated management port 'e0M' is on the same subnet as IP address 'x.x.x.x' configured on data port Prod1. Management IP addresses must be on dedicated management subnets.

[net.if.mgmt.defaultGateway:warning] route: Static or default route with gateway 'x.x.x.x' is targeted to dedicated management interface 'e0M'. Data traffic using this route might be throttled due to low bandwidth, or dropped if a protocol filter is configured.

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support