メインコンテンツまでスキップ

監査ログデスティネーションボリュームがフルになると、 SVM の監査状態が誤って false に変更されます

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • CIFS 監査
  • カタログコンバータ

問題

  • 次の状況では、 SVM の監査状態が誤って false に変更されます。
    • カタログコンバータを使用します。
    • 監査ログのデスティネーションボリュームがいっぱいです。
  • /etc/log/mlog/audit.log ONTAP の場合、監査の状態が手動で変更されたことを示します。

例:

node01:ssh :: pii_encrypt/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/pii_encrypt :: node01:admin :: vserver audit disable -vserver "svm1" :: Pending

node01:ssh :: pii_encrypt/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/pii_encrypt :: node01:admin :: vserver audit disable -vserver "svm1" :: Success

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device