メインコンテンツまでスキップ

古いベース以外の Snapshot を削除したあと、 SnapMirror ステータスが保留中になります

Views:
41
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 8 7-Mode 
  • Data ONTAP 7 以前 
  • SnapMirror

問題

  • デスティネーション上の古いベース以外の Snapshot を削除したあと、 SnapMirror ステータスが pending になります。

Destination*> snapmirror status -l

Snapmirror is on.

Source:                 source_mirror:vol001

Destination:            destination:vol001

Status:                 Pending

Progress:               -

State:                  Snapmirrored

Lag:                    19:49:19

  • SnapMirror 更新では、デスティネーション上の Snapshot を削除できません。

Fri May  8 18:05:05 CST [Destination:snapmirror.dst.snapDelErr:error]: Snapshot nightly.0 in destination volume vol001 is in use, cannot delete. 

金曜日 5 月 8 日 18:05:05 CST [.Destination:replication dst.err: エラー ]: SnapMirrorsource_mirrorvol001  からのデスティネーション転送: todestination:vol001 :レプリケーション転送の完了に失敗しました。  

  • snap listを使用して、 ACS ( Application Consistent Snapshot )ステータスであるデスティネーションボリュームの Cannot Delete Snapshot ステータスを表示します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?