メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Data ONTAP 8.0.1 の重複排除の最大ボリュームサイズと合計データ制限を教えてください。

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 8 7-Mode

回答

重複排除には、最大のフレキシブルボリュームサイズ制限があります。ボリュームで重複排除を使用する場合は、そのボリュームがサイズ制限内にある必要があります。最大ボリュームサイズよりも大きいボリュームで重複排除を有効にしようとすると、エラーメッセージが表示されて失敗します。この制限は、プラットフォームと Data ONTAP のバージョンによって異なります。これは、フレキシブルボリュームを、最大フレキシブルボリュームサイズが小さい別のプラットフォームに移動する場合に重要な考慮事項です。

 

さまざまな NetApp ストレージシステムプラットフォームの重複排除の最大フレキシブルボリュームサイズ制限(任意のスナップリザーブスペースを含む)を以下に示します。

  • FAS2040 、 FAS3040 、 FAS3140 、 FAS3070 、 FAS3160 、 FAS6030 、 FAS6040 、 FAS3170 、 FAS3210 、 FAS3240 、 FAS3270 、 FAS6080 、 FAS6210 、 FAS6240 、 FAS6280 : 16TB

注意
: FAS2050 で重複排除を有効にする場合、ボリュームのサイズには制限があります。
FAS2050 の場合、重複排除を有効にするための最大ボリュームサイズは、 Data ONTAP 7.2.5.1-7.3.0 からは 1 TB で、 Data ONTAP 7.3.1 以降のバージョンでは 7.3.x からは 2 TB に増加しました。このシナリオでは、たとえば 3TB のボリュームで重複排除を有効にする必要がある場合、 3TB のボリュームを 2 つ以上の小さいボリュームに分割し、重複排除を有効にします。

Data ONTAP 8.1 では、重複排除のボリュームサイズ制限は削除されていますが、 FAS2050 はサポートされていません。

clustered Data ONTAP の最小要件は ONTAP 8.1 です。 7-Mode と同様に、このバージョンおよびそれ以降のバージョンではサイズ制限はありません。

表 1- 重複排除でサポートされる最大ボリュームサイズ

 clipboard_e4a13655b5bf 792151e83dc4f2a7535 Ed.PNG

重複排除の最大共有データ制限

サポートされる最大ボリュームサイズに加えて、重複排除の最大共有データ制限もあります。重複排除機能では、ブロックの単一のコピーを保持し、そのブロックのすべての重複を単一のブロックのポインタに置き換えることで、コストを削減できます。重複排除の結果、ほとんどの論理データは、ボリュームに書き込まれる物理ブロック数を減らすためのポインタとして保存されます。1 つのブロックに多数のポインタ参照を設定することは、非常に一般的です。ポインタとして格納されることになる論理データは、共有データと呼ばれます。重複排除対象ボリュームあたりの共有データのサイズは、プラットフォームの種類にかかわらず最大16TBです。この制限に達すると、ボリュームに書き込まれた新しいデータは重複排除されません。ボリュームへの書き込みは引き続き正常に動作します。

重複排除の最大合計データ制限

サポートされる最大ボリュームサイズと重複排除の最大共有データ制限により、重複排除を使用してフレキシブルボリュームに格納できる最大データ量が制限されます。2 つの合計は、重複排除ボリュームの最大合計(論理データ)サイズ制限になります。

表 2 :重複排除されたボリュームの最大合計データ制限

Clipboard_ee899a872d1b2c06186a68e24545a6ec.png

要約すると、 Data ONTAP 8.0.1 を使用する場合、すべてのプラットフォームの最大ボリュームサイズは 16TB です。 ストレージシステムの最大合計データ制限

は、次のとおりです。最大合計データ制限 = [(maxSupportedVolSize) + (maxSharedDataLimit) ]
= [(16 TB) + (16 TB) ] =
32 TB

追加情報