メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Data ONTAP 8.3.x での RAID スクラビングの重要な変更点は何ですか。

Views:
23
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8.3

回答

Data ONTAP 8.3 へのアップグレード後、特に夜間には、システム使用率が全般的に高くなります。Data ONTAP 8.3 で導入された RAID スクラビングのスケジュールが変更されている可能性があります。
詳細について®

は、『 clustered Data ONTAP Votes8.3 リリースノート』の「 Data ONTAP 8.3 で変更されたデフォルトの RAID スクラビングのスケジュール」を参照してください。スクラビングは毎日実行されます。
詳細について[1]

は、リリースノートの 53 ページを参照してください。特定の値が定義されていない場合は、デフォルトのスケジュールが適用されます。
 
raid.scrub.schedule
 
このオプションは、自動的に開始されるスクラビングの週単位のスケジュール(日、時間、および期間)を指定します。デフォルトのスケジュールは、毎日午前1時から4時間です。期間は 4 時間です。ただし、日曜日は 12 時間です。空の文字列("")を引数として指定すると、以前のスクラビング スケジュールは削除され、デフォルトのスケジュールが追加されます。このオプションを使用して、1つ以上のスケジュールを指定できます。構文は、duration[h|m]@weekday@start_time,[duration[h|m]@weekday@start_time,...] duration にはスクラビング処理を実行できる期間を時間単位または分単位(それぞれ「 h 」または「 m 」)で指定します。期間が指定さraid.scrub.duration optionれていない場合は、値がスケジュールの期間として使用されます。
 
weekdayは、スクラビングが開始される曜日です。指定できる値は、sun、mon、tue、wed、thu、fri、satです。start_timeスクラビングの開始がスケジュールされている時刻です。24 時間形式で指定します。時間(0~23)のみを指定する必要があります。たとえばoptions raid.scrub.schedule 240m@tue@2,8h@sat@22、は毎週火曜日の午前 2 時にスクラビングを開始します240 分、毎週土曜日の午後 10 時480分間実行されます。
 
例:
showコマンドを使用して現在の設定を確認します

cluster::> storage raid-options show -name raid.scrub.schedule
Node     Option                                Value        Constraint
-------- ------------------------------------- ------------ -----------
cluster-01 raid.scrub.schedule                           none
cluster-02 raid.scrub.schedule                           none
2 entries were displayed.


modify。コマンドを使用して、必要に応じてスケジュールを変更します。
cluster::> storage raid-options modify -node cluster-01 -name raid.scrub.schedule 240m@tue@2
Specified scrub schedule added

showコマンドを使用すると、スケジュールの変更を確認できます。
cluster::> storage raid-options show -name raid.scrub.schedule
Node     Option                                Value        Constraint
-------- ------------------------------------- ------------ -----------
cluster-01 raid.scrub.schedule              240m@tue@2   none
cluster-02 raid.scrub.schedule                           none
2 entries were displayed.


デフォルトのスケジュールに戻すには、次の手順を実行します。 modifyコマンド
cluster::> storage raid-options modify -node cluster-01 -name raid.scrub.schedule ""

を再度使用します。既存のスケジュールを空の文字列「」に置き換えると、デフォルトのスクラビングスケジュールが自動的に追加されます。

イベントログを使用した確認:
event log show

Cluster-01::> event log show -messagename raid.rg.scrub.resume

[?] Tue May 24 01:00:12 CEST [cluster: config_thread: raid.rg.scrub.resume:notice]: /aggr_ssc_dc1_ds11_b_sata_root/plex0/rg0: resuming scrub at stripe 578657472 (89%% complete)

次のコマンドを使用して、関連するメッセージを確認および検索することもできます たとえば、デフォルトのスケジュールに従って午前 1 時から開始します。

スクラビングの一時停止を確認するに
Cluster-01::> event log show -messagename raid.rg.scrub.suspend

[?] Tue May 24 05:00:01 CEST [cluster: config_thread: raid.scrub.suspended:notice]: Disk scrub suspended. 


は、一時停止メッセージを検索します。この例では、デフォルトのスケジュールに従って、 4 時間実行後に午前 5 時に一時停止します。

サマリーを確認
Cluster-01::> event log show -messagename raid.rg.scrub.summary
 
[?] Tue May 24 05:00:01 CEST [cluster: config_thread: raid.rg.scrub.summary.lw:notice]: Scrub found 0 RAID write signature inconsistencies in /aggr_ssc_dc1_ds11_b_sata_data_01/plex0/rg0.


するには、次のコマンドを実行します。デフォルトでは、スクラビングは毎日 4 時間実行されるため、スクラビングの実行時間は全体的に高くなり、以前のバージョンの Data ONTAP と比較してスキャンがより頻繁に完了します。 
以前のリリースと比較して、この期間にシステムのディスクアクティビティが高くなると予想される動作です。
 
週の間に問題が発生した場合は、特定の時間と特定の期間に実行するようにスケジュールを定義できます。

追加情報

AdditionalInformation_Text