メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

コールドと判断されたデータがクラウド階層に送信される前に -tiering-minimum-cooling-days を延長した場合、どうなりますか?

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

-tiering-minimum-cooling-days オプションを指定すると、転送エンジンでコールドデータがクラウド階層に送信されなくなります。

  • 階層化スキャナ tiering-minimum-cooling-daysがコールドブロック情報を転送エンジンにすでに送信している場合、変更に関係なく、それらのブロックがクラウド階層に送信されます。
  • 階層化スキャナ tiering-minimum-cooling-daysがコールドブロック情報を転送エンジンにまだ送信していない場合、階層化スキャナは受信するまで新しいデータを転送エンジンに送信しません。 

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device