メインコンテンツまでスキップ

自動バランスアグリゲートとは

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • ONTAP 9 
  • clustered Data ONTAP 8.3    
     

質問と回答

自動バランスアグリゲートとは

clustered Data ONTAP では、 CLI および ZAPI を使用して無停止でボリュームを移動できます。
ボリュームの移動は、管理者がボリュームを無停止で移動するために使用することを目的としています。これには、アグリゲートのスペース不足がいつ開始されるかなど、さまざまな理由があります。

従来、システム管理者は、スペース不足の状況を監視して対応する必要がありました。
Data ONTAP 8.3 以降の自動バランスアグリゲート( ABA )機能は、アグリゲート間でボリュームを移動するタイミングをシステム管理者に通知することで、このワークフローを自動化するための最初の手順を実行します。
有効にすると、バランサはアグリゲートの空きスペースを継続的に監視し、設定可能なしきい値を超えた場合にアクションを実行します。

Data ONTAP 8.3 以降の現行リリースでは、次のようになります。

  1. デフォルトでは、 ABA は無効になります。
  2. デフォルトでは、すべてのアグリゲートがオプトアウトされます。
    お客様は、バランサで監視するアグリゲートを選択する必要があります。
  3. 有効にすると、デフォルトで推奨モードになります。移動は開始されず、推奨される移動のリストが生成されます。
  4. ABA の現行の出荷リリースでは、「推奨」モードのみを使用することを推奨します。
  5. バランサによって保存されるすべての情報は、永続的ではなく、コア内に格納されます。管理ゲートウェイプロセスをリセットしたら、バランサは使用していたデータを再構築し、初期化する必要があります。 
アグリゲートおよびボリューム選択ルール:

正常なすべての SFO アグリゲートとそのフレキシブルボリュームは、 AutoBalance アグリゲートの対象となります。

次の条件の 1 つ以上に該当する場合、アグリゲートは選択されません。

  1. アグリゲートが正常ではありません
  2. アグリゲートがパーティショニングされます
  3. アグリゲートはミラー関係にあります
  4. アグリゲートは CFO アグリゲートです

次の条件の 1 つ以上に該当する場合、フレキシブルボリュームは選択されません。

  1. SnapMirror 関係に関与します
  2. クローンであるか、クローンがあるかのいずれかです
  3. 過去 48 時間以内に移動されました
  4. しきい値が 100 IOPS を超えました( diag オプションvolume-activity-threshold
  5. 過去 24 時間に上記の IOPS しきい値を超えました( diag オプションvolume-inactive-delay-threshold
  6. cserver メタデータボリュームです

:アグリゲートで自動化機能を有効にすると、そのアグリゲートに存在するすべてのボリュームで自動化機能が自動的に有効になります。次のコマンドを実行すると、ボリューム単位でこの機能を無効にできます。

cluster_name::*> vol modify -volume <volume_name> -is-autobalance-eligible false
 

:自動バランスボリューム機能を使用してバランスを調整できるため、 Infinite Volume は除外されます。 

アグリゲートの自動化を有効にするには、次の手順を実行します


cluster-us1::> set advanced

Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when
         directed to do so by NetApp personnel.
Do you want to continue? {y|n}: y

cluster-us1::*>
cluster-us1::*> autobalance aggregate config modify -is-enabled true -aggregate-unbalanced-threshold-percent 70 -aggregate-available-threshold-percent 40
cluster-us1::*>
cluster-us1::*> autobalance aggregate config show
                 Is the Auto Balance Aggregate Feature Enabled: true
         Threshold When Aggregate Is Considered Unbalanced (%): 70
           Threshold When Aggregate Is Considered Balanced (%): 40

cluster-us1::*>
 

AutoBalance を有効にしてアグリゲートを作成する方法:


cluster-us1::*> aggr create -aggregate adb_aggr1 -diskcount 12 -is-autobalance-eligible true -node cluster-us1-01

既存のアグリゲートで AutoBalance を有効にするには、次の手順を実行します。


cluster-us1::*> aggr modify -aggregate adb_aggr3 -is-autobalance-eligible true

アグリゲートの AutoBalance 状態を確認するには、次の手順を実行します。


cluster-us1::*> autobalance aggregate show-aggregate-state
                      Aggregate: aggr0
                     Total Size: 753.2GB
                      Used Size: 718.5GB
                  Outgoing Size: 0B
                  Incoming Size: 0B
 Aggregate Used Space Threshold: 527.2GB
                      RAID Type: raid_dp
                Home Cluster ID: b6044cc9-71e4-11e5-b2a3-00a09873b152
                     Attributes: CFO
                                 Excluded
                                 Mroot

                      Aggregate: adb_aggr1
                     Total Size: 224.1GB
                      Used Size: 147.GB
                  Outgoing Size: 0B
                  Incoming Size: 0B
 Aggregate Used Space Threshold: 156.9GB
                      RAID Type: raid_dp
                Home Cluster ID: b6044cc9-71e4-11e5-b2a3-00a09873b152
                     Attributes: Balancer Eligible
                                 Target For Balancing

                      Aggregate: adb_aggr3
                     Total Size: 224.1GB
                      Used Size: 160GB
                  Outgoing Size: 0B
                  Incoming Size: 0B
 Aggregate Used Space Threshold: 156.9GB
                      RAID Type: raid_dp
                Home Cluster ID: b6044cc9-71e4-11e5-b2a3-00a09873b152
                     Attributes: Balancer Eligible
                                 Target For Balancing


3 entries were displayed.

cluster-us1::*>

ボリュームの移動に関する推奨事項を確認する方法:

アグリゲートが事前に設定されたしきい値に達すると、コンソールメッセージが送信されます。EMS ログには、次のような EMS メッセージがレポートされます。

Fri Oct 16 11:39:27 UTC [cluster-us1: mgwd: mgmt.aba.move.unbalanced:info]: Auto Balance Aggregate has detected that aggregate adb_aggr1 has exceeded the threshold of 118325182509056. The aggregate currently shows a usage of 109960713981952.
 

さらに、次のコマンドを実行して手動で確認します。

cluster-us1::*> volume move recommend show
(volume move recommend show)

                                  Source       Src%     Destination     Dst %
Vserver     Volume      Time Stamp         Aggregate     After    Aggregate      After
----------- ----------- -----------------   -----------   -----    -----------     -----
vs0        volA        3/2/2013 21:11:00    adb_aggr1    35     adb_aggr3         35
1 entries were displayed.

cluster-us1::*> autobalance aggregate show-unbalanced-volume-state

               Last Checked On: 9/29/2015 15:40:20

                        Volume: volA
                     Footprint: 20.20MB
 Last Time Over IOPS Threshold: -
                   Last Placed: 9/28/2015 14:18:15
                    Attributes: Ready

                   Volume: test                                           
                Footprint: 20.20MB                                        
 Last Time Over IOPS Threshold: 9/12/2015 16:20:18                             
                   Last Placed: 9/11/2015 10:16:42                             
                    Attributes: Over IOPS Threshold                            
                                In Mirror                                      
                                Stabilizing                                    
                  

cluster-us1::*>

追加情報

関連リンク
: ONTAP 9.x : autobalance aggregate config コマンド