メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

7G 非表示オプション「 cifs.ntfs_ignore_unix_security 」に相当する clustered Data ONTAP の設定

Views:
20
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8

回答

7G の隠しオプション「 cifs.ntfs_ignore_unix_security_ops 」に相当する clustered Data ONTAP の設定はどれですか。

NTFS セキュリティ形式のボリュームでは、 UNIX 形式の権限ビットはファイルへのアクセスを制御するために使用されません。ただし、アプリケーションは NFS 経由でアクセス権ビットにアクセスできます。このようなボリュームの権限ビットを変更しようとすると、アプリケーションにエラーが返され、アプリケーションでエラーが発生する可能性があります。

例:

たとえば、 Linux 2.6 以降のディストリビューションで実行さviれているプログラムでは、新しいファイルの編集または作成時にスワップファイルを開き、スワップファイルのモードビットを 600 に変更できます。これがsetattr失敗すると、エラーが表示されます。
E325: ATTENTION
Found a swap file by the name ".new_file.txt.swp"
owned by: gen_user dated: Thu May 1 05:24:48 2008
[cannot be read]
While opening file "new_file.txt" dated: Thu May 1 05:24:48 2008


cifs.ntfs_ignore_unix_security_opsこのviシナリオでは、 hidden オプションを設定して、エラーなしで操作を実行できるようにすることができます。clustered Data ONTAP では、障害の動作は、 vserver 全体または単一ボリュームで上書きできます。Vserver 全体でこのntfs-unix-security-ops設定を上書きvserver nfsするには、 Vserver の設定でこのフィールドを ignore に設定します。1 つntfs-unix-security-opsexport-policy ruleのボリュームで障害の動作を無効にするには、ボリュームをエクスポートしている内で無視するようにを設定します。

追加情報

関連リンク:

  • バグ 185406- cifs.ntfs_ignore_unix_security_ops オプションのサポートが必要です
  • バグ 57350 - UNIX クライアントが NTFS 形式の qtree をマウントすると、権限を設定できないという苦情が寄せられます