メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Data ONTAP 8.1x 以前にインストールする SP のバージョンはどれですか。

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

clustered Data ONTAP 8

回答

最新バージョンのサービスプロセッサ( SP )は、 32x0/62x0 の場合は 1.3x ブランチ、 22x0 の場合は 2.1x ブランチです。SP1.3x および SP2.1x は
、 Data ONTAP 8.1x 以前の各プラットフォームで完全に認定されています。詳細については、互換性の表「 BIOS サービス・プロセッサー・サポート・マトリックス」を参照してください

Data ONTAP 8.1x 以前を実行している特定のノードに SP1.4x または 2.2x のフラグが付けられている場合は、次の手順を実行します。

  1. Data ONTAP を 8.2 以降にアップグレードします
  2. サポートサイトの一般的な SP アップグレード手順の 1 つを使用して、 SP を 32x0/62x0 の場合は 1.3x 、 22x0 の場合は 2.1x に元に戻します。
    システムファームウェア + 診断のダウンロードページを確認します。

:古いバージョンの SP にリバートする場合-fsp updateは、フラグを使用してコマンドを実行し、バージョンチェックを省略して、選択したバージョンに強制的にダウングレードします。

利便性については、次の例を参照してください。

  1. ダウングレードを開始SP_FW.tar.gzする前に、ストレージコントローラの管理ネットワークインターフェイスからアクセスできる Web サーバに、のコピーを配置します。
  2. ストレージコントローラのシリアルコンソールに接続した状態で、 Ctrl+G キーを押してサービスプロセッサ CLI にアクセスします。
  3. ユーザ名「 naroot 」、および Data ONTAP のセットアップ時に選択したパスワード(存在する場合)を使用してログインします。


  4. SP_FW.tar.gz :
    SP> sp update <url> -f


    のコマンドを実行します。 <url> をコマンドへのパスに置き換えると、バージョンチェックがスキップされ、選択したバージョンに強制的にダウングレードされます。
  5. 更新が完了したら、次のコマンドを実行して SP を再起動します。
    SP> sp reboot

追加情報

AdditionalInformation_Text