メインコンテンツまでスキップ

EAGAIN がログに記録されている場合に、必須でない FPolicy でレイテンシが発生するのはなぜですか。

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas<a>2009084282</a><a>非同期 FPolicy</a>
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • CIFS
  • NFS
  • スクリーニングを必須にする FPolicy が false に設定されている
  • 非同期モードの FPolicy

回答

  • FPolicy が保証されます
    • FPolicy サーバは要求を承認する必要があります
    • 確認済みの要求を完了するために FPolicy サーバが必要ではありません
  • ONTAP では、 TCP 送信バッファをキューイング要求に使用します
    • 非同期モードでは、要求がキューに登録されると、 ONTAP でファイル処理を処理できます
    • send-buffer は無限ではなく、キューに格納される要求の数に制限があります
    • 必要に応じて、デフォルト設定から送信バッファを増やすことができます
  • 応答が遅い FPolicy サーバは、容量に到達するために原因 の送信バッファを使用する可能性があります
    • 既存のリクエストは、 EAGAIN を介してキューの背面に送信されます
    • 新しい要求は、 TCP 確認応答が送信バッファの十分なスペースを空にするまで遅延されます
  • 送信バッファがいっぱいになると、レイテンシが発生します
Scan to view the article on your device