メインコンテンツまでスキップ

では、複数のデータボリュームを使用することで最適なパフォーマンスが向上します

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

ONTAP

回答

○clustered Data ONTAP のマルチプロセスアーキテクチャに適しています。

追加情報

メンバーボリュームの数 -
ボリュームとアグリゲートへのマッピングアフィニティが設定されており、各 FlexVol がブート時にアフィニティにマッピングされます。
アフィニティは、基本的には FlexVol から CPU へのマッピングです。
ONTAP 9.3 以前:
• 各ボリュームに 1 つのアフィニティが割り当てられます。
• 各アグリゲートには、

ONTAP 9.4 以降(ハイエンドプラットフォーム)では最大 8 個
• のアフィニティノードが割り当てられ、各ボリュームには 1 個のアフィニティが割り当てられます。
• 各アグリゲートには 8 個
• のアフィニティが割り当てられ、最大 16 個のアフィニティが割り当てられます。
その結果、利用可能なアフィニティごとに 1 つのメンバーボリュームが作成されます。 
ONTAP 9.4 以降では、 FlexGroup ボリューム内にノードあたり最大 16 個のメンバーボリュームが作成されます。
ONTAP -auto-provision-asvolume create では、 System Manager またはコマンドのオプションを使用してボリュームを作成すると、これらの値が自動化されます。 
したがって、ほとんどの環境でのメンバーボリュームレイアウトのベストプラクティスは、 ONTAP で FlexGroup ボリュームの作成を処理できるようにすることです。
ボリュームアフィニティの詳細について [1]は、 TR-4571 を参照してください。