メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

OSSV のトラブルシューティング用に収集する適切なログファイルは何ですか。

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
open-systems-snapvault-ossv
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 7 以前 
  • Open Systems SnapVault

回答

テクニカルサポートでケースをオープンする場合は、共通のファイルセットと出力が必要です。

OSSV のトラブルシューティングデータは、手動で取得することも、 OSSVInfo を使用して取得することもできます。

データを手動で取得

するケースを開く前に、次のコマンドを実行する必要があります(ケースを送信する前に、すべてのデータを新しいケースに配置します)。

  • options snapvault (controller only)
 
  • snapvault status
 
  • snapvault status -l
 
  • snapvault status -c
  • snapvault snap sched (controller only)
 
  • priv set advanced ; snap status (controller only)
 
  • qtree status (controller only)
 
  • snap list (controller only)
 
  • snap list -q (controller only)
 
  • version (controller only)
 
  • license (controller only)

セカンダリシステムログ

OSSV セカンダリシステムから関連するすべてのログファイルを取得します。

  • /etc/log/snapmirror
  • /etc/messages

プライマリシステムのログとデータ

OSSV プライマリシステムから関連するすべてのログファイルとシステム情報を取得します。

  • $INSTALL_DIR\etc\snapvault または $INSTALL_DIR/etc/snapvault
  • $INSTALL_DIR\bin\svinstallcheck.exeまたはから出力を収集します $INSTALL_DIR/bin/svinstallcheck
  • バックアップするファイルシステム / ドライブのプロパティ
  • OSSV エージェントをインストールしたファイルシステム / ドライブのプロパティ
  • Windows の場合: [ マイコンピュータ ] で、ドライブアイコンを右クリックしてを選択します Properties > General
  • UNIXの場合: df -k
 
  • からの出力 /etc/{V}fstab
 
  • コンソールにエラーメッセージが表示される場合。 

OSSVInfo

を使用OSSVINFO.exe OSSVINFO.sh してデータを取得する実行ファイル、または OSSV2.6 に含まれています。  以前のバージョンの場合は、ネットアップのテクニカルサポートにお問い合わせください。この実行可能ファイルは、自動的にコマンドを実行し、適切なログファイルを取得します。

  • OSSVINFO.exe Windows 2000 、 Windows 2003 でサポートされています
 
  • OSSVINFO.sh OSSV エージェントがインストールされている Solaris 、 Linux 、 IRIX 、 HP-UX 、 AIX システムでサポートされます 

OSSVInfo の構文は次のとおりです。

  • Windows :コマンドシェルから次のコマンドを実行します。

OSSVINFO.exe [-s filer [-l user:password]] ossvinfo

  • UNIX :コマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。

OSSVINFO.sh [-s filer [-l user:password]] ossvinfo 

上記の構文を使用すると、ossvinfo出力はファイル名を持つディレクトリoutfile.txtに保存されます。 

: Data ONTAP および AutoSupports で報告された問題を利用できない場合は、 -s オプションを使用して Data ONTAP に固有の情報を収集します。OSSvinfo では RSH を使用して Filer の情報を収集するため、 RSH が有効になっていない場合や利用できない場合は、データを手動で収集する必要があります。SSH は OSSvinfo でサポートされていません。 

関連リンク:

追加情報

N/A