メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

VMware ESX でブロックをアライメントする方法

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
virtual-storage-console-for-vmware-vsphere
Specialty:
virt
Last Updated:

に適用されます

VMware ESX

説明

ここでは、 VMware ESX でブロックをアライメントする手順について説明します。

ESX 上で VMFS ファイルシステムまたは NFS ベースの VMDK を使用すると、部分的な書き込みが発生します。

これはネットアップ ストレージだけの問題ではありません。この問題は、どのストレージベンダーやホストプラットフォームにも見られます。部分的な書き込みが行われているかどうかは、 Perfstat の wp.partial_write の設定を確認して確認できます。wp_partial_write は、ミスアライメントされた I/O のブロックカウンタですData ONTAP 7.2.1 以降の 7G バージョンでは、 Perfstat の stats stop -i perfstat lun セクションでも、 read_write_align _histo.XX および read_partial_blocks .XX を使用できます。

VMDK と LUN の両方で、パーティション[1]を 4K の境界にアライメントすることが推奨されるベストプラクティスです(このベストプラクティスとその他の ESX on NetApp Best Practices については TR3428 を参照してください)。

LUN タイプが RDM OS タイプに設定されているかぎり、 RDM は部分的な書き込みの影響を受けません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support