メインコンテンツまでスキップ

E シリーズ: AutoSupport over SMTP のトラブルシューティング方法

Views:
29
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • NetApp Eシリーズ
  • SANtricity System Manager
  • SANtricity Storage Manager

説明

  • この記事では、 E シリーズ AutoSupport over SMTP の基本的なトラブルシューティング手順について説明します。
  • E2800 、 E5700 、および新しいストレージアレイと E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでの AutoSupport 構成の違い
    • E2800 、 E5700 、およびそれ以降のストレージアレイには ASUP 機能が組み込まれています。
    • E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでは、 AutoSupport の設定と監視に外部にインストールされたイベントモニタを使用します。
      これらのストレージアレイで AutoSupport を使用するには、イベントモニタを常時実行している必要があります。
    • E2800 、 E5700 以降のストレージアレイでは、 SANtricity System Manager を使用して AutoSupport を設定できます。
    • E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでは、 SANtricity Storage Manager アプリケーションを使用して AutoSupport を設定できます。
  • この記事の管理ソフトウェアとは、 E2800 、 E5700 以降のストレージアレイでは SANtricity System Manager 、 E2700 、 E5600 、および EF560 ストレージアレイでは SANtricity Storage Manager を指します。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support