メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

E シリーズ: AutoSupport over SMTP のトラブルシューティング方法

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • NetApp Eシリーズ
  • SANtricity System Manager
  • SANtricity Storage Manager

説明

  • この記事では、 E シリーズ AutoSupport over SMTP の基本的なトラブルシューティング手順について説明します。
  • E2800 、 E5700 、および新しいストレージアレイと E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでの AutoSupport 構成の違い
    • E2800 、 E5700 、およびそれ以降のストレージアレイには ASUP 機能が組み込まれています。
    • E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでは、 AutoSupport の設定と監視に外部にインストールされたイベントモニタを使用します。
      これらのストレージアレイで AutoSupport を使用するには、イベントモニタを常時実行している必要があります。
    • E2800 、 E5700 以降のストレージアレイでは、 SANtricity System Manager を使用して AutoSupport を設定できます。
    • E2700 、 E5600 、および EF560 のストレージアレイでは、 SANtricity Storage Manager アプリケーションを使用して AutoSupport を設定できます。
  • この記事の管理ソフトウェアとは、 E2800 、 E5700 以降のストレージアレイでは SANtricity System Manager 、 E2700 、 E5600 、および EF560 ストレージアレイでは SANtricity Storage Manager を指します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device