メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

E シリーズでは、シンボリューム機能はどのように機能しますか。

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • TPV( シンプロビジョニングボリューム ) が有効になっている E シリーズ
  • DDP
  • UNMAP 機能が有効になっているホスト
  • トリム

回答

  1. ホストが UNMAP コマンドを送信して、 E シリーズの TPV 対応ボリューム上の未使用のストレージブロックを再利用します
  2. L2TPv3 内の 64 KB クラスタは、すぐに「 Free 」としてマークされます。インデックス内のこれらの空きクラスタが最初に使用され、ホストの書き込みでリポジトリが増加しないようにします
  3. リポジトリのサイズに応じて十分な空きクラスタがある場合、定期的なデフラグスキャンによって、空きクラスタが連続した 4 GB の C ストライプに移動され、プールに戻されます(一度に 4 GB 以上)。 ただし、これはリポジトリのサイズとマッピング解除の操作によって異なります)。
  4. 再利用する未使用のストレージブロックの数とリポジトリのサイズに応じて、デフラグスキャンのさまざまな目標としきい値が設定されます。
  5. データは DDP に戻ることはありません。これは、これらのスキャンが、許容可能なパフォーマンスペナルティを維持するように特別に調整されるためです。スキャンがリポジトリサイズ、再利用するブロック数に基づいてターゲットに到達すると、解放された C ストライプが DDP に戻されます。また、解放されたクラスタは、リポジトリトリムによって DDP に戻されていなくても、現在も L2TPv3 で再利用できることにも留意する必要があります

追加情報

多くの場合、ホストで UNMAP 操作を実行してもスペースが DDP に返されないため、内部的な TPV の動作が混乱する原因となります。