メインコンテンツまでスキップ

E シリーズの古いドライブのリカバリステータスにより、ボリュームの再構築や再配分を実行できません

Views:
1
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • NetApp Eシリーズ
  • NetApp SANtricity OS 11.50.3 より前

問題

  • ユーザは SANtricity 管理ソフトウェアでボリュームを再配置できません。次のエラーが返されます。

Error 825 - operation cannot be completed because a drive is undergoing a service operation

  • 再構築開始イベントはメジャーイベントログで報告されますが、完了ステータスはありません。

Disk pool drive reconstruction started

  • テクニカルサポートエンジニアは、 Major Event Log で次のコードを返しています。

B:8/9/19 6:44:31 AM (13:44:31) 57734 5023 Controller return status/function call for requested operation - Tray 0, Slot B

----> RPC function : 0x005a = assignVolumeOwnership

----> Return code  : 0x0343 = Drive Service In Progress

  • テクニカルサポートエンジニアは、以下に示すサポートデータの署名を検証できます。これらは、ドライブのサービス処理(電源再投入)フラグが設定されていることを示します。evfShowVolstate-capture-data.txt をクリックします。

ボリュームの重要でない転送(ボリュームの再配置など)は許可され、 false に設定されます。

   NonCriticalTransferAllowed: false
 

および/または

ドライブリカバリモード RECOVERY_TRACKING

   Drive Recovery Mode:     RECOVERY_TRACKING
 

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support