メインコンテンツまでスキップ

E シリーズの古いドライブのリカバリステータスにより、ボリュームの再構築や再配分を実行できません

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • NetApp Eシリーズ
  • NetApp SANtricity OS 11.50.3 より前

問題

  • ユーザは SANtricity 管理ソフトウェアでボリュームを再配置できません。次のエラーが返されます。

Error 825 - operation cannot be completed because a drive is undergoing a service operation

  • 再構築開始イベントはメジャーイベントログで報告されますが、完了ステータスはありません。

Disk pool drive reconstruction started

  • テクニカルサポートエンジニアは、 Major Event Log で次のコードを返しています。

B:8/9/19 6:44:31 AM (13:44:31) 57734 5023 Controller return status/function call for requested operation - Tray 0, Slot B

----> RPC function : 0x005a = assignVolumeOwnership

----> Return code  : 0x0343 = Drive Service In Progress

  • テクニカルサポートエンジニアは、以下に示すサポートデータの署名を検証できます。これらは、ドライブのサービス処理(電源再投入)フラグが設定されていることを示します。evfShowVolstate-capture-data.txt をクリックします。

ボリュームの重要でない転送(ボリュームの再配置など)は許可され、 false に設定されます。

   NonCriticalTransferAllowed: false
 

および/または

ドライブリカバリモード RECOVERY_TRACKING

   Drive Recovery Mode:     RECOVERY_TRACKING
 

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device