メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Linux ホストで E シリーズを使用して iSCSI CHAP シークレットを設定する方法

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-storage-manager
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • NetApp E シリーズ
  • Linux

説明

CHAP ( Challenge Handshake Authentication Protocol )は、ネットワーク内の 2 つのデバイス間で 3 ウェイハンドシェイクを行い、セキュリティを確保します。 

  • イーサネットベースの認証で使用されます。 
  • CHAP には、一方向認証 CHAP または双方向 CHAP を使用できます。 

 

一方向(ターゲット)認証 CHAP

  • イニシエータデバイスがターゲットを検証します。 
  • イニシエータとターゲットはローカルシークレットを保存します。 
  • これらのシークレットは、ワンウェイ・ハッシュを生成します。 

 

双方向(相互)認証 CHAP

  • 一方向認証と同じですが、イニシエータはターゲットで検証されます。 
  • 一方向認証 CHAP を構成した後にのみ構成できます。
  • ワンウェイ認証 CHAP と同様のシークレット構成
  • ワンウェイ認証シークレットとは異なる追加のシークレットを追加します。 
Scan to view the article on your device