メインコンテンツまでスキップ

E シリーズストレージシステムでスクリプトエディタまたは SMcli を使用してボリュームのパリティエラーをチェックおよび修復する方法

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • SANtricity
  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 7.xx
  • E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx
  • データ / パリティの不一致( DPM )

説明

この資料では、手順 でスクリプトエディタまたは SMcli を使用してボリュームのパリティエラーをチェックおよび修復する方法について説明します。

メモ(Data/parity mismatch on volume) CRITICAL : ASUP からイベントが報告された場合は、この手順 を実行する必要があります。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support