メインコンテンツまでスキップ

Non-Returnable Disk Plus Service の対象となる E シリーズモデルで SATA フラッシュモジュールを取り外す方法

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • EF300 の場合
  • EF600

説明

ネットアップでは、ネットアップのハードウェアで利用可能なオプションとして Non-Returnable Disk Plus サービスを提供しています。  また、 [1]不揮発性メモリコンポーネントの残データを含む可能性のあるハードウェアタイプごとに、揮発性の声明も提供しています。  EF300 および EF600 のボラティリティの声明 には、 SATA フラッシュモジュールがお客様のデータを含んでいる可能性があることと、「通常規定の方法でドライブを消去し、内容を消去」という注記が記載されています。   ただし このモジュールは Hardware Universe に Field Replacement Unit ( FRU ;フィールド交換ユニット)として表示されていないため、障害のあるプロセッサコントローラモジュール( PCM )をシャーシから取り外したあとの SATA フラッシュモジュールの取り外しを示すドキュメントはこのプラットフォームにはありません。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support