メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NetApp KCS Award

SMCLI スクリプトを使用してアクセスボリュームを削除する方法

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP 8

説明

アクセスボリュームは、設定操作要求をコントローラに伝達するために使用される特殊なボリュームです。アクセスボリュームは、標準ブロック I/O 要求を処理できるユニットとしてストレージシステムによって提供されますが、コントローラの UTM プロトコルを使用した設定コマンドトランザクションのみを処理するように特別に設計されています。

アクセスボリュームがストレージパーティションにマッピングされていないと、インバンドプロキシマネージャはインバンド管理を介してストレージシステムとデータ / 管理ホスト間で通信できません。

:帯域内管理を使用していない場合は、アクセスボリュームを削除して、標準ボリュームで使用する LUN 番号を解放してください。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support