メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

VMware ESXi 6.5 ホストで、 I/O の実行中に無効な検出データが報告される

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  • NetApp E-Seriesストレージ アレイ
  • VMware ESXi 6.5

問題

VMware ESXi 6.5 GA ホストまたは VMware ESXi 6.5.0 build-4449886 でvmkernel.log /var/log//scratch/log/は、 scsiDeviceIO によって報告される「 Invalid Sense Data 」を含む行が、(または)で使用可能になる場合があります。これらの行には、 SCSI ストレージインターフェイスの技術委員会 T10 仕様に記載されていない、実際には無効な SCSI ASC/ASCQ 割り当てが含まれます。また、ネットアップ E シリーズのベンダー固有の ASC/ASCQ 割り当てとは異なります。


2016-10-12T15:27:00.905Z cpu28:267900)ScsiDeviceIO: 2927: Cmd(0x439d07881d80) 0x28, CmdSN 0x80000002 from world 267686 to dev "naa.60080e50004354280000e829573b45aa" failed H:0x2 D:0x0 P:0x0 Invalid sense data: 0x3 0x43 0x0





: Sense Key - 0x3asc - 0x43ascq - 0x0 この例では、 Sense Key が「 0x3 」の場合は、メディアエラーが存在することを示します。ただし、 T10 仕様では、「 0x43 」の ASC は定義されていません。

NetApp E シリーズストレージアレイでは、このようなセンスデータは報告されておらず、ホストはそのようなデータをファブリック化しているように見えます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support