メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

バイパスされたドライブを交換する場合のコントローラファームウェアの動作は何ですか?

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

E シリーズ コントローラ ファームウェア 7.xx

回答

バイパスされたドライブをコントローラファームウェアが処理する方法は、 7.xx コントローラファームウェアで変更されました。バイパスされたドライブを物理的に交換する場合、(スロットに基づくのではなく) WWN によるトラッキングドライブの実装、および遅延ドライブのチェックインを処理するために個々のドライブを再構築する機能によって、コントローラファームウェアによって正常に処理されなかった障害が発生しています。

デフォルトの 07.xx コントローラファームウェアドライブの交換動作は次のとおりです。

  • ドライブが両方のポートでバイパスHotSpare されると、書き込みに失敗したときに影響を受ける部分がに再構築されます。
  • コントローラファームウェアでドライブに障害が発生していない。
  • ファームウェアは、バイパスされたドライブが存在することを認識し、最適な状態にあると認識します。
  • ドライブが物理的に取り外されている場合は、コントローラファームウェアによって障害が発生することはありませんが、 Not Present / Optimal とマークされます。

交換用ドライブを同じエンクロージャ / スロットに挿入すると、新しいドライブは未割り当てと見なされます。ドライブが WWN によって追跡さCopyBack  HotSpare れ、元のドライブに障害が発生したことがないため、コントローラファームウェアは、システムに再挿入する既存の Not Present / Optimal ドライブを探しています。

Not Present / Optimal ドライブの残りのエントリは、 GUI では失敗できません。ユーザーは、ドライブを交換するために CLI スクリプトCopyBack  を実行して手動で介入する必要があります。その後、新しいドライブに対して実行されます。この動作は後で変更され、ドライブがない場所に別のドライブが挿入されると、コントローラファームウェアがそのドライブにコピーを戻し、そのドライブ上の障害が発生した部分を再構築します。これは、挿入されたドライブが新規、未割り当て、または割り当てられているかどうかに関係なく行われます。挿入されたドライブは、基本的にドライブグループ内の欠落しているドライブと置き換えられます。この変更は、次のコントローラファームウェアコードレベルで実装されました。

デルと Teradata のみ:

  • 07.60.xx.xx 以降
  • 07.35.xx.xx 以降
  • 07.36.03x.0 以降

IBM および汎用リリース:

  • 07.75.xx.xx 以降
  • 07.70.33.X0 以降
  • 07.60.51.x0 以降
  • 07.35.62.x 0 以降

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device